天才スラッガー 清原和博、バットに対するこだわり

元プロ野球選手で野球解説者のデーブ大久保こと大久保博元が、自身のYouTubeチャンネルで西武ライオンズ時代の清原和博との思い出を語り、清原の並々ならぬバットへのこだわりを明かした。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

少年野球でも「素振りが大事」とは言われるが、プロ野球選手は“打った感”が欲しくてマシン打撃をやることも多かったという。「いい打撃が出ると自分のなかでスッキリできるんでマシン打撃をやるんだけど、秋山幸二さんはマシン打撃で秋山幸二を作り上げた人。それに対して清原は素振り。本当に素振りで自分を作り上げるって男で、何かあったら素振りでした」と大久保は当時を振り返る。

その話の流れから、清原が当時流行らせたバットについてのエピソードも飛び出した。

「木のバットって茶色い焼き目が入ってて、当時は原(辰徳)さんから篠塚(和典)さんから、みんな焼き目が入ってました。色がついてるバットです。黒いバットは当時はなかった。でもキヨはそのバットの“パチン”って離れる感じがどうしてもイヤだったらしくて」と明かす大久保。

「それでキヨがメーカーに相談したら、漂白すると(バットが)柔らかくなると。そしたらあいつ、バットを漂白するって言って。“できるの?”ってきいたら、“できるらしいです”って。メーカーもすぐ作ってきて、それで打ったらそれがまあ食いつきが良くてね。そのバット、俺もいっとき使わせてもらいました。キヨの研究する心も勉強になりましたね」と、清原のバットにかける並々ならぬこだわりを感慨深そうに思い出していた。

TAGS