“番長” 清原和博は昔から礼節を重んじる男だった

デーブ大久保こと大久保博元が、自身のYouTubeチャンネルで西武ライオンズ時代の清原和博との思い出を語った。

ドラフト1位となると全国区でも有名になるが、そのなかでも“KKコンビ”と呼ばれた清原と桑田真澄は特別な存在だったと大久保は当時を振り返る。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

「ライオンズがくじを引いた。巨人は(清原を)指名しなかった。キヨが泣いてた。あのときはプロ野球に入った人間はみんな思ったんです。遠回しに巨人から清原に話があったのかなとか、清原は本当に巨人に行きたかったんだな、でも行けないでライオンズか、とか」と、当時の巨人にとってライオンズは憎き敵だったという背景も交えながら語る大久保。

清原がライオンズに入団した際は、1年先輩の大久保が教育係を務めたという。「キヨの1個上の先輩は、俺と田辺(徳雄)しかいなかった。でも田辺ってほとんど喋らない。それで自然に、喋れる俺が教育係になりました。いまの渡辺(久信)GMからも“博元、お前(が清原の教育係)だからな。ちゃんとやったれよ”って言われて。俺の教育係はなべちゃん(渡辺GM)で、俺が入寮した日に22時の門限を破って長崎ちゃんぽんを食べに行って、門限の破り方から教わったんだけど、そうやって俺もキヨに、良いこと悪いことを教えていくのかなって思った」と、懐かしい当時を明かした。

そして入団当初の清原については、「キヨは勝ち気にも見えるし、甲子園であんだけ活躍してたから天狗なのかなと思ってたらとんでもない。めちゃめちゃ礼節の男だし、PLってこんないい学校なんだ! って思いましたね。ドラフト1位の人間がこんなに挨拶できるんだって」と高評価。

大久保は「俺が二軍監督のときによく選手たちに言ってたのが、下のやつが上の人になんでそんなタメ口聞いてんの? ○○さんってちゃんと呼ばないとダメじゃないの? って言ってたんです。まあそう言いながら俺は、渡辺GMをなべちゃん、笘篠(誠治)さんをトマちゃん、秋山(幸二)さんをこうちゃんて呼んでましたけど(笑)」と笑いを交えながら振り返り、清原も最初だけでだんだん慣れてくるかと思っていたそうだ。

ところが清原の態度はまったく変わらなかったそうで、「清原和博って男はずっと“おはようございます!”。“キヨ、今日飯行かない?”“お願いします!”って(笑)。いつ化けの皮が剥がれるのかなって思ったけど、剥がれずにいままで来てますね」としみじみ語っていた。

TAGS