清原和博が選ぶ、対戦した投手でスゴかった3人とは?

片岡篤史の運営するYouTubeチャンネルで、選手時代に対戦して印象深かった投手について清原和博が語った。

片岡の「対戦したピッチャーで3人と言ったら?」という質問に、清原は「ルーキーのときに感じたのはやっぱり村田兆治さん」と、“マサカリ投法”から繰り出すフォークボールとストレートで三振の山を築き上げた村田と、シンカーを得意としたアンダースロー投手で史上最高のサブマリン投手とも称される山田久志の名前を挙げた。

片岡篤史チャンネル/YouTube

「高校時代、見たことないボールやんか。オレはプロに入って一番どういう球に苦労をしたかというと、フォークボールなんよ」と振り返る清原は、村田のフォークについて「野球盤の消える魔球かな」と、まるでゲームのように消えてしまう球に驚いたと語る。

片岡が野茂英雄佐々木主浩のフォークボールに触れると、清原は「2人もすごいよ。でも、初めて見た衝撃はやっぱり残るよね」と、初体験だからこそ印象深かったと説明。野茂や佐々木については、その後プロになってフォークボールに慣れてきたころから「なおさらすごい」と思ったという。

最終的に印象に残る投手を村田、山田、野茂の3人にしぼった清原だが、なぜ佐々木主浩をはずしたのか?その他、セ・リーグで唯一、速球で真っ向勝負をしてきた投手を挙げる。詳細は動画をチェックして欲しい。

TAGS