厳しい内角攻め、強烈なヤジ 番長・清原を苦しめたチームとは?

片岡篤史のYouTubeチャンネルで、「清原和博が語る男の花道誕生の秘話!!あの当時の近鉄はここが違った!?野球の神様が導いてくれた打撃の原点とは?」が公開され、清原が西武時代に近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)と対戦した際の思い出を振り返った。

片岡篤史チャンネル/YouTube

清原が「当時は、今みたいに(別チームの)選手同士が仲良くなかったでしょ?」と問いかけると、片岡は同意して「話をしたら怒られました」と、現在と違ってかつては選手同士には緊迫感があったことを明かす。

片岡の「みんなインコースをバンバン攻めてきたじゃないですか?」という言葉に、清原は「あの当時の吉井(理人)さんとか、赤堀(元之)とか、もうとにかくシュートを武器にしているピッチャーが多かったから、何回後ろにひっくり返ったか」と、近鉄の投手陣による執拗な内角攻めに苦しめられたそうだ。

また、清原は当時のピッチングコーチが2017年度WBCでも日本代表のコーチを務めた名伯楽、権藤博だった説明して、「なんか、いやらしい動きをするのよ」と告白。「『キャッチャーにサインを出してるのかな?』っていう動きもしたりとか」と、さまざまな“仕掛け”で翻弄されていたと振り返った。

「近鉄とやるときは体力的にも疲れたし、西武球場でやるときはまだマシやけど、あの藤井寺(球場)のヤジはここぞとばかり、俺に集中的にくる」と語る清原に、片岡が「『お前、地元を捨てたのか?』みたいな感じですか?」と質問すると、清原は認めて「ファウルを打つ度に『清原! ビールこぼれた!』『弁償せー!』とかな」と、苦笑いをしながら具体的なヤジの内容についても語った。

TAGS