乱闘上等 だんじりファイター・清原和博、近鉄戦は『仁義なき戦い』

小田幸平が運営するYouTubeチャンネルで、「【清原和博が選ぶ】対戦したNo.1ピッチャーは〇〇, 1番相性の良いピッチャーは桑田真澄!?西武入寮時のお宝話も | 清原和博さん x 小田幸平スペシャル対談vol.3」が公開された。

はげch.〜小田幸平公式チャンネル〜/YouTube

清原は、かつてのパリーグについて「野武士軍団」だと表現。「もう近鉄戦とかになったら行きのバスの中、藤井寺球場まで『仁義なき戦い』(のテーマ曲)が流れるくらいやから。そのぐらいケンカ腰なのよ」と振り返る。

さらに清原は「実際、乱闘も少ないでしょ?」と、清原の時代には頻繁に起きていた試合中の乱闘について語ると、小田も「ベンチなんかに残っていたら、罰金をとられる」と、当時と今の乱闘に対する考えの違いを明かす。阪神で監督を務めていた「闘将」星野仙一は特にすごかったそうで、清原は「阪神戦で、巨人がデッドボール1つ当てたら、2つ返ってくる」と振り返った。

清原はスライディングについても、故意に本塁での接触プレイをするのを禁じるために公認野球規則で規定された「コリジョンルール」によって、大きな変化がもたらされたとして「バーッ!! ってやってたのになあ」と、闘志あふれるバックホームが見られなくなった現状を憂いた。

野球選手がつけている防具についても言及をした清原。「ここ(肘)をガッチガチにして、ここ(手の甲)には『お前、剣道部か』みたいなのを着けて」と、装着が過剰ではないかと疑問を呈すると「ここ(頬に)にiPhone着けてるわ……」とフェイスガードについて最後まで「あれなに?」と首をかしげていた。

TAGS