清原和博は、先輩に可愛がられ仲間から慕われる男

元プロ野球選手でタレントのデーブ大久保こと大久保博元が、自身のYouTubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』で西武ライオンズと読売ジャイアンツ時代の後輩・清原和博と同じく読売ジャイアンツ時代の後輩・松井秀喜について思い出を語っている。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

「世間の見た目は、清原はやっちゃいけないことをして謹慎。松井は日本の誇りのような選手だと。何か2人は真逆の方向にとらえられている」と語り始めたデーブは「これこそ人生のボタンのかけ違い」だと断言する。両者を近くで見てきたデーブにとって、清原のほうが大人としての常識という点で松井よりもはるかに上だという。

礼節という意味では「清原は誰からも後ろ指をさされることもなく、先輩に可愛がってもらえて仲間からは慕われる」(デーブ)。対して、松井は入団当初からの立ち居振る舞いに「まだまだ高校生だな」と感じることがあったという。たとえば、「ナゴヤ球場に出発するバスに松井がいない。みんなソワソワして『ゴジ(=ゴジラの愛称)寝てんのか!』みたいな。そうしたら長嶋監督がバスに乗っちゃいました(笑)。マネージャーが慌てて電話してもなぜか松井の部屋は話し中になり、『誰と電話しているんだ!』ってなって(笑)」と大遅刻したエピソードを明かす。

しかも、松井は悪気なくバスに乗ってきて、監督の横近くの席に座ったというから新人離れしている。デーブは「大胆な男だなゴジは……」と思いつつ「長嶋監督より絶対早く乗ってこいよ!」と注意すると、悪びれることなく「ハイ!」と返事をしたという。これにはデーブも「こういうヤツが大成するんだろうな。これが活躍したら許されるようになるんだな」と述懐した。

巨人のチーム訓「紳士たれ」は、小さなことにはこだわらないというチームカラーだったと指摘するデーブは、「ゴジラがのびのびとプレーできたのは、巨人だったから。厳しい西武に入っていたら萎縮していたんじゃないか」と分析。「清原がちょっと横道にそれたのも、あの厳しすぎるところ(西武)が彼を苦しめた要因になったからでは」との持論も展開。「清原も松井もどちらも国民栄誉賞をとっていい成績でありながら、違う方向に行っているのは、そういうチームカラーにもあったのでないか」とコメントしている。

両方の球団を経験し「西武の厳しさってのは絶対に必要だし、巨人のおおらかな、人を人として認めてくれるところとの両方を取って(楽天コーチ時代は)指導してきた」と話すデーブ。そして清原に対して「YouTubeの表情を見ると本当に明るくなった。子供に夢を与えていければ、国民栄誉賞がなくても、我々のなかでは栄誉賞を贈れる」とエールを送ったのだった。

清ちゃんスポーツ/YouTube

TAGS