大統領を目指した男には「影」がいた 2人の男が韓国政界の深い闇を暴き出す

韓国が誇る名優ソル・ギョングと『パラサイト 半地下の家族』のイ・ソンギュンが共演し、「第58回百想芸術大賞」で【最優秀男性演技賞】【監督賞】【男性助演賞】の3冠受賞を果たした話題作『キングメーカー 大統領を作った男』が、8月12日(金)より日本公開される。

今年3月に実施された韓国・大統領選挙では、保守系の最大野党のユン氏が当選し、5年ぶりの政権交代が話題となったが、最高権力の座をめざして政治家たちが激突し、負ければ汚職行為を問われて刑務所入りになることもあるのが韓国の国政選挙。本作は、まさに生き馬の目を抜く苛烈な大統領選を描いた衝撃作だ。『KCIA南山の部長たち』など、韓国映画界が得意とするポリティカル・サスペンスの真骨頂であり、二人の男たちのドラマが韓国政界の深すぎる闇を暴き出す。

光の当たる表の存在として民衆の希望となる国会議員 キム・ウンボムを演じるのは名優ソル・ギョング。本作では、実際の政治家の演説シーンを参考にしながらも自身ならではのキャラクターを模索し、その類まれなる存在感で、前年の『茲山魚譜 チャサンオボ』(2021)に続き、2年連続で百想芸術大賞の最優秀男性演技賞を受賞。一方、同じ理想を追いかけながらも、ウンボムの影となり力を尽くすソ・チャンデに扮するのはイ・ソンギュン。イ・ソンギュンは、第92回アカデミー賞を沸かせた『パラサイト 半地下の家族』以降、スクリーン復帰作として本作を選び、誰よりもお互いを必要としながらも、決定的なところで混じり合わない2人の複雑な関係を熱演し目が離せない。

監督は、ソル・ギョングが主演した『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』の俊英ビョン・ソンヒョン。本作を歴史の重みを感じさせる本格派の政治映画として描き新境地を開拓、その才能の奥深を見せつけている。

©︎2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

TAGS