12年経ち、何故かいまTikiTokでバズってるフリースタイル

2008年に話題になったKing Chipのフリースタイル「Interior Crocodile Alligator」の一節が、なぜかいまになってTikTokなどでヴァイラルになっている。当時、Pretty Boy Floydの番組に出演した際にAli&Gippの「Go’Head」のビートに合わせて披露した。

YouTube

“Doors swang on n*ggas that got bad behavior
My four 15’s woke up the neighbors
Interior crocodile alligator
I drive a Chevrolet movie theater”

(素行の悪いn*ggasたちの後ろでドアが勢いよく閉まる
15インチのホイールが近隣を叩き起こす
クロコダイル、アリゲーターのインテリア
オレの運転するシボレーは映画館さ)

自慢のアメ車、シボレーのシートをワニ革で整え、後部座席に大画面のモニターを搭載したことにちなんだ自慢ラップだ。彼のスタイルはレーベル名にちなんで“S.L.A.B.Freestyle”と呼ばれ、トンチの効いた小気味良いライムに、Floydが笑ったりノッドしている様子が音源からもうかがえる。

特に“クロコダイル、アリゲーターのインテリア”のパートがわざと子どもじみていて可笑しく、やたらとキャッチーだったためにすぐさま話題になった。そして翌年「Interior crocodile alligator」のループが出回り、あらゆる場所で拡散されたのだ。

ところが、実はユーザーのほとんどが元ネタもKing Chipのことも知らないまま夢中になっていた。ワニの一節が面白くて一人歩き状態だったのだ。しかしそんな状況でも元になったフリースタイルがアップされた途端に火がつき、Chipは一躍有名になり、当時のコラボ仲間Kid Kudiとともにプチブレイクを果たした。その後、Kid Kudiは流れに乗ってスターになったが、Chipは2017年の「Thornhill」以降、目立ったメジャーリリースは行っていない。

ところが、12年もたった今年の4月ごろから、なぜかこのライムがやたら閲覧されるようになったのだ。TikTokユーザーがライムを再発見して使用しはじめ、関連動画はすでに50万以上、トータルで70万回以上再生されているという。

理由は、とにかく謎。しかしChip本人はこれを喜んでいるようで、TikTok投稿の1つを自身のInstagramで紹介しており、「いやあ、12年前の自分が突然ヨットで現れて、パーティに連れ出してくれたみたいな気分だよ。オレの手の届く範囲を超えてて、見ててすげえクールだね」とインタビューに答えている。

TAGS