乱闘寸前! 怒りの人間鈍器・木村ミノル、対戦相手とレベルの差を見せる

3月28日(日)東京・日本武道館にて開催となる『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4 Day.2~』のスーパーファイトで、木村“フィリップ”ミノルとマイク・ジョーが対戦する。
試合を前に都内でおこなわれた対戦カードの発表会では、フェイスオフで両者が顔を突き合わせると、闘志の高ぶりを押さえきれなかった木村がマイクを突き飛ばし、一触即発の状態に。そんな木村が自身のYouTubeチャンネルでその舞台裏を公開した。

木村フィリップミノル channel/YouTube

会場入りする木村は、マイクと正式に対面するのはこの日が初めてだとして「まあ……どんなもんか楽しみですね。ぜひ楽しんでください」と不敵にコメント。

その後、問題の“突き飛ばしシーン”となったが、会見で木村は「ただ自分のコンディションのよさを出しただけです」と言い放つと、「対戦相手とは何にも思ってないし、レベルが本当に違うと思うんで。そこは辱めをくらわすぐらい、実力差を見せつけてやりたいなと思います」と宣言している。

闘志をむき出しにした木村だったが、会見後には「自分のコンディションを最大限まで持ってって、ポテンシャルを誰にも負けないぐらい仕上げて試合をする。その試合の中で出来る最大限のパフォーマンス、気持ちを見せてお客さんに楽しんでもらう」と、冷静にコメント。

最後に「久々にヒートアップした、いい試合ができそうだね」とグーサインをした木村は、「今は怒りを溜め込んでパワーにして、毎日の練習頑張って、試合のとき待ちに待った“ぶっかます日”、楽しみにしてください」と、まるでヒップホップの韻を踏むような語りを披露して、会場を去って行った。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

TAGS