海外の強いヤツと戦いたい、総合をK-1に逆輸入… 朝倉未来vs木村ミノル あり得ないコラボ

木村“フィリップ”ミノルのYouTubeチャンネルで、木村と朝倉未来による貴重なトークセッションが繰り広げられた。

YouTube

動画は2人のキックボクシングルールによるスパーリング企画を実施した直後に撮られたものだ。未来は「RIZINに出始めている最初の辺りは、いい感じの緊張感がちょっとあった」と回顧したのだが、現在は緊張することがなくなってしまい、アドレナリンも出ないのが悩みの種で、インローのキックに痛みを感じてしまうと苦笑いしながら明かすと、「その状態でできるのがすごい」と木村が驚く。

そんな木村はかつてMMA挑戦のなかで、さまざまな選手の試合を観る過程で未来の存在を知ったそうで、総合の打撃技術をK-1に逆輸入していることを明かすと、それに気づいていた未来も「ちょっとキックボクサーと違いますよね」「踏み込みとかも使ってる」と鋭く返していた。

未来は今後の展望を、UFCのトップ選手と戦いたい希望はあるとしながらも「実現可能じゃないことは口にしないほうがいいので言えないです」と慎重な姿勢を崩さない。しかし、コロナによる海外渡航の規制がなくなった暁には、「『ベラトール(Bellator MMA)』のチャンピオンといった海外の強い選手と戦いたい」と回答。これには木村も「それはメチャ観たいです」と大いに期待を寄せていた。

未来は今回のような団体の壁を越えた「あり得ないコラボ」が実現できることがYouTubeを使うメリットで、「こういう風に技術を学べるというのは嬉しい」とコメント。木村も同意すると、今後改めて総合を目指すようなことがあれば、未来の練習にも参加したいとリクエスト。これに未来が快諾すると、木村は「ぜひまた練習来させていただきます」と今後の展開に希望を抱かせる形で対談は終了した。

TAGS