魔裟斗、K-1全盛期に負けない “人間鈍器”木村ミノル、10連続KO勝利なるか?

12月13日(日)両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』のスーパーファイトK-1スーパー・ウェルター級(3分3R・延長1R)で対戦する、木村“フィリップ”ミノルのインタビューが公開された。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

木村は「『この時代のK-1は面白かった』ってファンが思わないと嫌じゃないですか。過去(のファイターや試合)には負けたら負けたで悔しいので、僕がその役を担いますよ」とニヤリ。「『ミノルの時代のK-1は面白かった。その次が魔裟斗選手かな』みたいな感じにみんなが言ってくれたらいいかな」と、意気込んでみせる。

「記憶に残る激闘、勇気を与えるような試合とか、リアルファイトの迫力とか面白さを伝えるのがチャンピオンだと思うので、僕はこれからもリングで自分の全てを出して、さらけ出してお客さんに評価をしてもらおうかなと思ってます」と、今回も全力で挑む姿勢を見せた。

2020年3月22日、さいたまスーパーアリーナで開催された『K’FESTA.3』で、トーンメント3連続KO勝利という圧倒的な強さでスーパー・ウェルター級王者となった木村。チャンピオンになってから初の試合だが、「10試合連続KO勝利」という前人未到の記録も目前に迫っている。

ABEMA 格闘CH【公式】/YouTube

木村はこれについて「王者初戦という見方はもちろん、10回目のKOという。1ラウンドKOとは言わないですけど、僕も久しぶりにお客さんに会うので、長い間リングにいたいなというのもある。ゆっくり僕のペース、タイミングで倒したいと思います」と余裕のコメントをした。

木村の対戦相手はアビラル・ヒマラヤン・チーター。世界最強の傭兵部隊、ネパールの誇り高き集団グルカ兵の血を受け継ぎ、元K-1ファイターを父に持つ格闘サラブレッドだ。KO率88%という高い攻撃力を持っており、木村と激しい戦いを繰り広げることが予想される。

アビラルについて木村は「正直言うと、メチャクチャ強いものを感じました」と、記者会見でのにらみ合いで強さを察知したという。「若いし、自信に満ち溢れている感じがあるので、彼の意識を刈り取らない限りは試合は終わらない」と、勝利のためにはKOが必須だと語った。そして「K-1王者としての威厳と木村ミノルという選手の素晴らしさをダブルで見せます」とコメント。10連続KOという大記録が達成されるのか、注目が集まる。

TAGS