堀口恭司、山本KIDが生きていたら伝えたい事とは?

総合格闘家で、RIZINバンタム級、Bellator世界バンタム級元王者の堀口恭司がフリーアナウンサー・田中大貴のYouTubeチャンネル『アスチャン!』に出演し、山本“KID”徳郁への想いを語った。

田中大貴のアスリートチャンネル【アスチャン!】/YouTube

KIDの格闘スタイルで堀口は「芸術的なカウンター」が好きな部分だと回答。一撃のパンチで相手をマットに沈めるKIDの姿に憧れていたそうで、日本にいるときは試合前に映像をずっと観ながら「なんでこの1発で倒れるのかな?」と研究していたのだとか。

KRAZY BEE所属時は、寮に住んでいたという堀口は当時から“練習の虫”だったそうで、KIDに怒られた記憶はないそうだ。むしろほかの選手たちが「恭司がやってんだろ」と、堀口を見本にするように言われていたという。

さらに「夜のクラブに行こうよ」という誘いがKIDからあった際も、ほかの寮生は連れて行かれるものの、堀口が「明日ジム当番で早いんで」と言うと、KIDは「うん、恭司はいい」とあっさり言われたそう。「『練習しておけばいいから』みたいな(笑)」と楽しげに当時の思い出を振り返っていた。

「KIDが生きていたら伝えたいことは?」という質問には、堀口が現在トレーニングを積むアメリカのジム「アメリカン・トップチーム(ATT)」に「俺もちょっと行きたいんだよね、ATTで練習をしたいんだよね」とかつてKIDが言っていたことを明かし、「『伝えておきたい』ではないですけど、ここの施設を1回体験してもらいたかったなというのはありますね」と、無念を滲ませる。

「どのような言葉をかけてくれると思うか?」という問いかけには「ベルトを返しちゃったんで『また取り返せばいいっしょ』『もう1回やれば全然余裕だよ』みたいな感じだと思いますね」とコメント。現在怪我のリハビリ中ということもあり「こうしたほうがいいんじゃない?」と、アドバイスもくれたのではないかとも語っていた。

TAGS