仁義なき戦い! 阪神・川藤が巨人戦での乱闘で狙った選手は?

元プロ野球選手で解説者の川藤幸三が自身のYouTubeチャンネルで、阪神時代に起こった巨人との乱闘試合と意外な事実について秘話を公開した。

YouTube

ゲストに迎えた“トラキチ”芸人陣内智則に、乱闘に先輩後輩の“仁義”はないのかと聞かれた川藤は「先輩後輩は関係あらへん。そんなんいちいち気にしとったら何もできへん」という川藤は、巨人戦での乱闘エピソードを明かす。「巨人戦でね、ちょうど全員が乱闘になった。敵の大将は誰やと思ったらハリさんやった、張本勲さん。『よっしゃ! まずはハリさんをいわしたら負けることはないな』と思ったんや」と話すと、陣内も「もう暴走族のやり方ですね」とツッコミを入れる。しかし、なぜ敵の大将=監督ではなかったのか?

川藤は続ける。「(狙うのは)監督ちゃう。選手のトップ、一番胸張っとる人やん。(もし、今のタイガースなら)糸井嘉男やろ」と、あくまで現役選手のチームリーダーに照準を定めていたという。しかし、相手は一枚上だった。「なんせ敵の大将たるものを目指せって! ほんで、(突進していったら)ハリさんが言ったんよ『おい川藤! お前阪神の方抑えんかい! ワシは巨人の方抑えるんや』。その一言で『わかりました〜!』って、クビ取りに行ったのに逆に手懐けられてしもうた」と笑いながら述懐する。

陣内も「いや、おもろいな、そんなん!」と意外な展開に驚いていた。乱闘に「先輩も後輩もない」と豪語していた川藤も、張本には頭が上がらなかったようだ。言葉より先に手を出してしまうのが先の印象が強い「浪速の春団治」は、意外にもケンカっ早い男ではなかったようだ。

TAGS