当ててこい! 死球、報復死球は暗黙の了解としてあった

元プロ野球選手で解説者の川藤幸三が自身のYouTubeチャンネルで、阪神時代に起こった巨人との乱闘試合と意外な事実について秘話を公開した。

YouTube

ゲストに迎えた“トラキチ”芸人陣内智則に、「『デッドボール当ててこい』っていうのがあったのは本当なんですか?」と現役当時を聞かれた川藤は、「『当ててこい』ゆうてもね、ピッチャーがいきなり当てるちゅうことはまずない。だって人間だもん」と振り返りながらも、暗黙の了解としての死球、報復死球はあったと、こともなげに語る。

当然、乱闘に発展してしまうこともあったのだが陣内に「乱闘になったら真っ先に行ってましたね!」と言われると、「今まで乱闘を自ら起こしたのは1回だけしかないで」と否定する。

川藤の記憶は鮮明だ。「ヤクルト戦1アウト満塁でね。ピンチヒッター行って、『よっしゃ! ここは任しとけ』って。ワシがホームラン打ったら逆転やってときに確かピッチャーが井原慎一郎ちゅう右のピッチャーからいきなりデッドボールや、肩に! アタマに来てな、『貴様ー!』言うて、バット持ってマウンドに行ったんや。そしたら阪神の連中はついてくるもんやと思ったら、ベンチの奴等笑うてやがるねん」と、独り相撲になってしまったことを早口にまくしたて陣内を笑わせた。

TAGS