BAD HOPが主題歌書き下ろし 川崎ブレイブサンダース、劇場版『OVER TIME』公開決定

川崎ブレイブサンダースが制作・公開しているクラブ公式ドキュメンタリー『OVER TIME』。B.LEAGUE 2020−21SEASONの激闘、天皇杯優勝、チャンピオンシップでの戦いの模様が収録された劇場版が、6月25日(金)より神奈川県下の8ヶ所(川崎市、横浜市、平塚市、横須賀市、海老名市、座間市)で公開することが決定。

本作は、400時間を超えるチームへの密着映像を中心に、YouTubeで4回にわたり公開していたドキュメンタリームービーを劇場版として再構成し、本劇場版で初公開となるチャンピオンシップ終了時までのチームの裏側や、劇場版のために新規撮影した選手、サンダースファミリーへの取材映像を追加し制作された映像作品だ。

YouTube

ポスターにはチャンピオンシップの戦いのさなかにいるキャプテン・篠山竜青選手の表情を切り取った写真を採用し、予告編ではYouTube版で公開されなかった映像や選手インタビューの一部が収録。なお横浜市内での公開については、神奈川ダービーとしての盛り上げをはじめ神奈川県下でのバスケットボールの振興を目指し、ともにB.LEAGUEにて活動する横浜ビー・コルセアーズが本作品の公開趣旨や目的に賛同し、協力のもとに実現至った。

また、本作品の主題歌は川崎市出身のHIPHOPグループ「BAD HOP(バッド・ホップ)」が手掛けた書下ろし楽曲「OVER TIME feat. G-k.i.d, Benjazzy & Bark」(Prod.by ZOT On The Wave & TRILL DYNASTY & Kazuki Isogai)に決定。今シーズン、メンバーの方々がホームゲームに足を運び、本作品の主題歌のための楽曲を書き下ろすこととなった。BAD HOPメンバーが見つめた今シーズンのチームの戦いへの想いが込められた新曲となる。

©2021KAWASAKI BRAVE THUNDERS

TAGS