漢と般若「カチコミに行ってた」 MCバトル黎明期の恐怖エピソード

1990年代の終わり、アンダーグラウンド・ヒップホップシーンにおいて圧倒的な存在感を放っていたラップグループ、三軒茶屋「妄想族」と新宿「MSC」。それぞれのグループの中心にいた漢 a.k.a. GAMI般若は、今日のMCバトルシーンを語る上で欠かすことのできない人物である。

両者は「B-BOY PARK」「UMB」「フリースタイルダンジョン」など、大規模かつ重要なイベントに深く関わっており、彼らが日本のヒップホップシーンに残してきた功績の大きさは計り知れない。

そんな2人が『漢 a.k.a. GAMI監修 MCバトル全書』の対談企画で、ヒリヒリとした空気の中で過ごしたMCバトル黎明期についてを余すところなく語り合っている。

「マイクジャックやる奴は、俺ら以外ほとんどいなかったんじゃないかな」と、当時を振り返る漢。その言葉通り、ステージを乗っ取るという先鋭的なパフォーマンスを日常的に行っていた妄想族とMSCに恐れを抱くラッパーは少なくなかった。

マイクジャックを繰り返していた理由について、「やれる場所がなかったから“カチコミ”しに行ってた」と答えた般若。その際は、身分を分からなくするために免許証を原付に隠してから行くのが鉄則だったそうだ。ちなみに、NYが誇る最強ヒップホップ軍団「ウータン・クラン」の来日公演でもジャックを仕掛けたという。怖いもの知らずにもほどがある驚愕のエピソードも飛び出した。

妄想族のメンバーはほとんどが暴走族で、バイクをブンブン言わせながらクラブにやって来ては、ステージ乗っ取りを繰り返していたと振り返る般若。ただし、その根本に暴力的な考えがあったわけではなく、「ただライブがしたい」という衝動が自分たちを突き動かしていたのだという。

当時は現在のようなルールも存在せず、まだ競技になっていなかったからこそ、「これを言ったらヤバいぞ」という暗黙の“秩序”があった。形式上のルールをどれほど整備したところで、言っていいことと悪いことは本質として存在する。あの頃、妄想族とMSCが、流血したり、させたりしながら守っていたのは、きっとその“秩序”なのだろう。

TAGS