魔裟斗の「ある言葉」が、“人間鈍器” 木村ミノルを完全覚醒させてしまう

木村“フィリップ”ミノルが、2020年3月22日(日)に開催される<K-1 WORLD GP 2020 JAPAN 〜K’FESTA.3〜>で「第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に参戦する。木村は公開練習のあと、インタビューに応じた。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

1回戦で相まみえる海斗選手については「太いですね、骨格というか身体が頑丈なイメージがありますね。だからパンチも蹴りも強い」と分析すると、「研究をしたので危ない攻撃はわかっています。それを踏まえた上で僕の試合をするだけです。そんなにプレッシャーに感じることはないですね、経験値が違うので」と、勝利に自信を見せた。また、トーナメント参加者の中で、ミラン・ペイルスを気になる選手に挙げていた木村は、「けっこう背丈も大きい感じで、身体も丈夫だし、ちょっとトリッキーなところもあるようなタイプだった。そのとき映像を観た中で1番強いんじゃないかな」と分析。

「トーナメントはどのような勝ち上がりをイメージしているか?」という質問には、「僕の中では海斗選手が1番重要な試合です。やっぱり頑丈だし、1回戦はどちらもダメージがない状態だし、彼も僕を倒すためにモチベーションがすごく高いと思うので、正直“1回戦を乗り越えれば”っていう感じですね。そのあと準決勝とかは、僕の相手じゃないかなとは思います」と初戦が重要であることを強調した。

「トーナメントを制してこそのK-1王者」という、オールドファンからの意見があることについては、「K-1という1個のジャンルにおいては、トーナメントは昔から根強く関わりがあるというか、“K-1=トーナメント”は、昔からの構図だと思う。それを優勝してこそK-1の選手として1個ポジションが確立できるのかなとは思います」と、自身もトーナメントにはこだわりがあることを明かした。

『K-1 AWARDS』の会場で魔裟斗から、K-1のウェルター級の未来を託す内容の発言を受けたことについては、「あの言葉は正直、軽い気持ちでは聞いてなかったです」と告白。「魔裟斗選手が僕のことを言ってくれていたあの瞬間は、決して軽い気持ちでは聞いてないです。あの瞬間で覚悟も決まったし、それこそ一瞬少年に戻りました。だから絶対的に“やらなきゃ”という、すごく強い覚悟が芽生えました」と、噛みしめるようにコメントした。

「階級は関係なく活動をしていきたいなというのが僕の中である」と語る木村は、「階級に縛られないという僕独自のキャリアの積み方をやっていきたい」と意欲的に発言。「今後K-1が伸びるためにも、ダブルタイトルマッチとか統一戦というのは絶対にないといけないと思うし、それをこの中量級のクラスの2階級でやるというのは、すごく意味があることだと思う」と、構想を掲げた。

しかし木村は「ただ僕が、ウェルターとスーパー・ウェルターの両方のK-1のベルトを獲ったら、多分誰の言うことも聞かなくなると思うから」と、笑いながら「そこはK-1の人も覚悟したほうがいいと思います。制御がきかなくなる気がしますね、先に言っておきますけど。“ラスベガスじゃないと試合しない”とか言い出すと思うので、そのときはちゃんと対応をしてください」と、不敵に宣言した。

ファンに向けて木村は「スーパー・ウェルター級のトーナメントということで、昔から歴史のある階級で僕は必ずチャンピオンになります」と堂々と、優勝宣言を残した。

TAGS