記憶が飛ぶ、ダンベルで顔面殴打… 木村ミノルにKOされた男が語る“衝撃の瞬間”

11月24日に横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN 〜よこはまつり〜』のK-1ウェルター級のスーパーファイトで、木村“フィリップ”ミノルはジョーダン・バルディノッチと対戦。試合を前に、かつて木村の拳によってKOされた、山際和希、塚越仁志、近藤魁成、大泉翔の4人が「戦慄のパンチ」をもらった瞬間の衝撃について語った。

ー試合前の木村の印象は?

山際:僕の中で木村選手は、気持ちが弱かったりとか、試合前に怯えたような顔をしているイメージがあった。

塚越:弱い部分も知っていた。知っていたというか、過去にスパーリングで手を合わせたことがあるので、そういう部分「弱さを引き出せれば勝てるかな」って。

大泉:軽量のときもそうなんですけど『あ、いけるな』というのはあったんですよ。「すごいオーラがあるんだろうな」というのはあったが、そういうオーラも軽量のときはそこまで感じなかったんですよ。握手をしたときは「手がデカいな」と、パンチ力はありそうだなと思った。

しかし、試合直前に対峙した瞬間、印象は大きく変わっていたという。

山際:いざリングに上がって対峙してみたら、落ち着きがあって自信がありそうで、すごく研ぎ澄まされている感じがして、まずそれに驚いた。

大泉:リングに上がって向かい合った瞬間に、今までに感じたことのないオーラが出ていて「ヤバッ」と思って、ビビってしまった。

ー木村のパンチの第一印象は?

木村のパンチの威力については、選手たちは「未知の領域だった」と口をそろえる。

塚越:始まって1発目、ガード越しにもらったのかな? もうね……とんでもないパンチでした。過去にも強い選手、パンチ力がある選手とやってきたんですけど、「このパンチをもらったらもう終わるな、倒れるな、危険だな」という印象がある。

近藤:「早くて重いな」という印象で、今まで戦った中で1番早くて重かった。

山際:スピードが速かったのと、踏み込んでの左フックがすごく速くて。見えなかったというか、モーションも少なくてすごくわかりづらかったので、フェイントにかなり引っ掛かってしまった。

ー試合で印象に残ったことは?

山際:(パンチを)もらった感想は“コンパクト”という感じ。「硬いな」とは思ったんですけど、ガツンと押し込まれるようなパンチじゃなかったですね。どちらかというボクサーに近いようなパンチ。インパクトのときだけ力を入れる感じのパンチで「あっこんな繊細なパンチなんだ」と思った。(フィニッシュブローを)感じる前に倒れたので、すごく威力があったというよりは、スピードと硬さですね。ポイントポイントで打つという印象。

塚越:結構パンチをもらいすぎて、試合の記憶が途絶え途絶えなんですよ。最後(試合が)終わって「KOで負けたんですか?」ってトレーナーに聞いたのを覚えている。「KOですか? 何回倒れたんですか?」って。そのぐらいもう、試合中の記憶というのはない。

大泉:1回目に、ガードの上から(パンチが)効いたんですよ。で、なんかもう……画面(視界)が大地震。「南海トラフが起きたのかな?」ってそれくらいの揺れ。今までボクシングでパンチ力がある選手ともやったが、倒れてもそんな自分の風景が揺れることなんてなかった。立っても揺れてるんですよ「これはヤバイ」と思って。それでもう倒れて、そこから記憶がなくて、気が付いたら3回目のダウンだった。硬さでいったらもっと固いパンチはくらったことがあるんですけど、衝撃でいったらあんなにすごい衝撃はなかったですね。ダンベルで顔面殴られたのかと思うぐらいだった。「やりすぎだな」と思った。

試合で印象に残ったことについての回答で共通したのは「記憶がなくなった」ということ。鍛え抜かれたK-1ファイターたちの体験談からは、木村の「ヤバさ」がひしひしと伝わってきた。

AbemaTV 格闘CH/YouTube

TAGS