映画『Boyz N the Hood』から着想 「K・SWISS」フットウェアコレクション

カリフォルニア発のテニスブランド「K・SWISS(ケー・スイス)」と、映画『Boyz N the Hood』(1991年)のコラボフットウェアコレクションが登場。

『Boyz N the Hood』は、80年代後半のLAの犯罪多発地帯サウスセントラルの実態を描いた作品。本作がデビュー作となるジョン・シングルトン監督は、黒人監督として初めてオスカーにノミネートされ、最高監督賞を史上最年少で受賞している。

今回登場するコレクションは、本作に登場するキャラクターと公開当時のLAサウスセントラルのレトロな雰囲気からインスパイアされたデザインとなっている。

ブランドを代表するスニーカー「CLASSIC 2000」は、主人公Tre(トレ)の衣装、イエローとブラックのカラーが落としこまれており、彼が使用しているビーズネックレスがチャームになって付属する。

また、テニスシューズ「GSTAAD(グスタッド)」は、Treの親友Ricky(リッキー)が着ているアメフトのジャージをイメージし、アッパーにブルーのメッシュをオーバーレイ、シュータンにジャージのナンバリング “42”を配している。

View this post on Instagram

LEFT or RIGHT. #KSwissBoyzNTheHood

A post shared by K-Swiss (@kswiss) on

さらに、ラッパーで俳優のIce Cube(アイス・キューブ)が演じた“Doughboy(ダウボーイ)”が被っているキャップからインスパイアされたサンダル「K-SLIDE」は、ベロア素材のストラップにオールドイングリッシュのフォントで“KS”のイニシャルが刺繍されている。

その他、ヒール部分に“Boyz N the Hood”のロゴが入った「CLASSIC 2000」と、日焼けしたようなアウトソールが特徴の「GSTAAD」が揃う。

なお、本コレクションは、LAのサウスセントラルの青少年を支援するNPO法人「APCH(A PLACE CALLED HOME)」の為に、『Boyz N the Hood』とパートナーシップを組んでリリースされる限定カプセルコレクションとなる。3月13日より発売

K-Swiss/YouTube

TAGS