ジャスティン・ビーバー、最新アルバム『Changes』が世界中を席巻

ジャスティン・ビーバーが2月14日に世界同時リリースした約5年ぶり5作目のオリジナル・アルバム『Changes』が世界を席巻している。

各国のオフィシャル・チャートは今後発表されるが、既に世界85か国のiTunesで1位を獲得している。そんなジャスティンは、アルバム・リリース後も精力的な活動を継続。2月19日には先行シングルのリミックス「Yummy feat. Florida Georgia Line (Country Remix)」を発表。これは4作連続で全米カントリー・アルバム・チャート1位、総合アルバム・チャートでもTOP5入りしている人気デュオ=フロリダ・ジョージア・ラインによるカントリー・リミックスで、アメリカでの大きな反応が期待されている。

また、Apple Musicではアルバム収録楽曲「ETA」のミュージック・ビデオが先行公開。既に公開済の「Intentions」のビデオでも監督をつとめていたMichael D. Ratnerがディレクションしたこのビデオ、自身のアパレル・ブランド「Drew House」のアイテムを身にまとったジャスティンがシンプルに歌う内容となっている。

さらにジャスティンは、2月19日23時(日本時間)より、Web上でアルバムを聴くリスニング・パーティー企画「CHANGES LISTENING PARTY」を実施する。ジャスティン本人もチャットに参加予定。

日本では、参加するとノベルティなどがもらえる「ジャスティン・クイズ」もスタート。「初級」「中級」「上級」が順次公開となりジャスティンの公式グッズ等が当たるこの企画、「初級」は2月19日から公開となっている。

TAGS