ジャスティン・ビーバー、愛用する「クロックス」と念願コラボ “Drew House”モデルをリリース

カジュアルフットウェアブランド「crocs(クロックス)」より、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)がプロデュースするアパレルブランド「Drew House(ドリュー ハウス)」とのコラボモデルが登場。

crocsのアイコニックなシルエットにDrew Houseのシグネチャーカラーであるイエローを用いた本モデルには、オリジナルのジビッツチャームが8個セットになっている。

crocsのファンで、プライベートでも愛用しているジャスティン。10月7日に本アイテムを着用した姿を見せたジャスティンは、自身のSNS上でさらなるティーザーを公開。SNS上の“Real or cake Challenge”に挑戦した途端、ナイフを入れた靴が、実は今回のコラボレーションアイテムを細部まで表現した本物のケーキだったことが判明する。

ジャスティンは、「一人のアーティストとして、自分の作品が自身のスタイルに忠実であることが大切だと思ってる。いつもcrocsを履いているし、今回デザインを考えるときもすごく自然にアイディアが出てきた。とにかく自分が履きたいと思えるクールなものを作ることにフォーカスした」とコメントしている。

View this post on Instagram

@justinbieber 🙃

A post shared by Crocs Shoes (@crocs) on

世界同時ローンチする限定モデル『Crocs X Justin Bieber with drew Classic Clog』は、10月14日(日本時間)10:00より、crocs公式オンラインストアにて販売開始。

TAGS