危険な恐竜達とサバイバルキャンプ スピルバーグ総指揮のアニメ版『ジュラシック・ワールド』

Netflixオリジナルシリーズ『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』が、9月18日(金)より全世界独占配信される。

Netflix Japan/YouTube

本作は、巨匠スティーヴン・スピルバーグほかハリウッド最高峰の製作チームが手がけてきた『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズの最新作となるアニメーションシリーズ。映画『ジュラシック・ワールド』(2015)と同じ時間軸を舞台に描かれる物語。スピルバーグ監督はもちろん、実写版のクリエイターたちが製作総指揮として参加し、あの恐竜たちの世界をスリルと興奮のアニメーションで新たに表現している。

『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズの舞台となったイスラ・ヌブラル島にあるキャンプ場“サバイバル・キャンプ”を訪れたのは6人の少年少女たち。ひと夏の冒険として安全に楽しい恐竜たちの世界を体験するはずが一転、思いもよらないトラブル発生により島に取り残され孤立状態になってしまう。外界との連絡手段も閉ざされた中、ついに野放しとなった危険な恐竜たちが、次々と彼らに襲いかかる…。

予告編では、今までも観る者を恐怖に陥れてきたド迫力の恐竜たちが次々に登場。さらに、『ジュラシック・パーク』に登場したジープや、『ジュラシック・ワールド』に登場した球体型の乗り物ジャイロスフィアなど、おなじみのビークルも見られ、シリーズのファンにもたまらない映像になっている。緊迫感漂う危険なサバイバルに巻き込まれてしまった少年少女たちは一致団結し、無事にこの島から脱出することができるのか?

『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パークIII』『ジュラシック・ワールド』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に続くアニメーションシリーズとなる本作の製作総指揮を務めるのは、「ジュラシック」シリーズはもちろん、『ジョーズ』や『E.T.』、「インディ・ジョーンズ」シリーズ、近年では『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』『レディ・プレーヤー1』など、世代を問わず幅広い世代に愛される名作を生み出してきた誰もが知る映画界の巨匠であり、2度のアカデミー賞受賞歴を誇るスティーヴン・スピルバーグ。

そして彼とともに製作総指揮を務めるのは、『ジュラシック・ワールド』で監督・脚本を担当し、「炎の王国」でも共同脚本・製作総指揮を担当、2021年全米公開予定『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』で再び監督・脚本を担当するコリン・トレボロウや、スピルバーグ監督とともに多くの作品を手掛け、『ジュラシック・ワールド』シリーズにもプロデューサーとして参加してきたフランク・マーシャルなど、シリーズを知り尽くすクリエイターたちが集結。さらに、『カンフー・パンダ』のTVアニメシリーズでエミー賞ノミネート歴を誇る、ドリームワークス・アニメーションのスコット・クリーマー、アーロン・ハマーズリーも製作総指揮・ショーランナーとして参加しアニメ化を実現した一大プロジェクトとなっている。

TAGS