「呪いの家」は実在する Jホラーの金字塔がドラマ化 Netflix『呪怨:呪いの家』

Jホラーの金字塔『呪怨』シリーズ最新作で、シリーズ初のドラマ化となるNetflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』が、7月3日(金)より全世界独占配信される。

2000年にオリジナルビデオが発表されるや、背筋が凍り付くほどの恐怖を見る者に体感させた『呪怨』。2003年に劇場版が公開されると、その人気は国内に止まらず、ハリウッドリメイク版やそのシリーズ化にまで発展。
「リング」シリーズの貞子同様、呪われた悪霊の母子、伽椰子と俊雄はホラーにおけるアイコンとして世界的な人気を博した。

これまでの『呪怨』シリーズは、呪われた家で起きた恐怖を描くフィクションに過ぎなかった。しかし本作では初めてその“呪い”の基となっている実際にあった出来事に焦点を当て、「呪いの家」に関わる人々すべてに連鎖する恐怖を生々しく浮かび上がらせている。

『呪怨』シリーズを牽引してきた一瀬隆重プロデューサーの下、初期の「リング」シリーズを手がけた高橋洋が一瀬隆重と共同で脚本を担当。日本ホラー界が誇る2人が強力なタッグを組み、これまでの『呪怨』の流れを汲みつつ、恐怖を新たな段階へ引き上げる。
また、Jホラーのパイオニアたちからの要望に応え、『きみの鳥はうたえる』(2018)での高い評価が記憶に新しい三宅唱監督がメガホンをとり、自身初のホラー作品に挑む。新進気鋭の三宅監督が一瀬隆重や高橋洋と共に人間の恐ろしさも浮き彫りにする壮絶なドラマを紡ぎ出す。

忌まわしい出来事の起源となった「呪いの家」の秘密が明かされる…

Netflix Japan/YouTube

背筋が凍り付くような恐怖を纏う予告映像では、オープニングから今回の鍵を握る「呪いの家」と、白いワンピースを着た女のような影が姿を現し、戦慄の物語のはじまりを告げる。
そして、すべての元凶である「呪いの家」に端を発し、頻発していく数々の怪奇現象が、じりじりと人々を恐怖の渦に巻き込んでいく。

不穏な音を捉えたカセットテープ、怪奇現象に襲われる男女、暗闇でうずくまり「逃げて」とささやく少年、そして女性が監禁されて妊娠させられたという凄惨な過去の事件。登場人物全員が口にする「あの家」を調べ始めた心霊研究家・小田島(荒川良々)と、夜中に部屋で響く不可解な足音に悩まされているタレントの本庄はるか(黒島結菜)は、「呪いの家」に憑かれたように引き寄せられて行く。

何かを手渡そうとする長い黒髪の女や這い上がってくる血濡れた胎児など、この世のものと思いたくない存在が見え隠れし、不穏な雰囲気が一層高まる。天井裏で恐怖に慄く小田島、そして血しぶきを浴びて叫ぶはるかが見たものとは…。

「呪いの家」は、実在する。それがどこにあるかは知らない方がいいー。フィクションよりも恐ろしい実際にあった出来事にインスパイアされた新しい『呪怨』。不穏な雰囲気満載のビジュアルからは史上最高の恐怖の予感が漂う。

これまでの『呪怨』シリーズの魅力はそのままに、新たな展開と恐怖が描かれる『呪怨:呪いの家』は、7月3日(金)より、Netflixにて全世界独占配信。

TAGS