夜中になると聞こえる謎の足音… 怪奇現象が襲いかかってくる恐怖映像

Jホラーの金字塔『呪怨』シリーズ最新作で、シリーズ初のドラマ化となるNetflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家(JU-ON: Origins)』が、7月3日(金)より全世界独占配信。

この度、黒島結菜演じる新人タレントのはるかと井之脇海演じるはるかの恋人・哲也が忌まわしい怪奇現象と遭遇する本編映像が解禁となった。

Netflix Japan/YouTube

2000年にオリジナルビデオが発表されるや、背筋が凍り付くほどの恐怖を見る者に体感させた『呪怨』。今もなお世界的な人気を誇る『呪怨』ワールドだが、実は、実際の出来事をヒントにして作られていたのだ。その実話を元に完全に再現したのが『呪怨:呪いの家』。今作では、シリーズを象徴する悪霊、伽椰子と俊雄の母子のモデルとなった人物はもちろん、怪奇現象など『呪怨』でおなじみのエッセンスが全編に渡って散りばめられている。
さらに、物語の舞台となる1980年代から1990年代の日本を完全再現されている。セットにメイク、衣装などへの徹底したリアリティの追求が、キャラクターの持つ現実味を増幅させ、静ひつで生々しい恐怖を引き起こす。それは日常と隣り合わせの恐怖であり、すべての現代人の心を浸食してしまうに違いない。

『呪怨』シリーズを牽引してきた一瀬隆重プロデューサーの下、『リング』シリーズを手がけた高橋洋が一瀬隆重と共同で脚本を担当。これまでの『呪怨』の流れを汲みつつ、恐怖を新たな段階へ引き上げる。そして、『きみの鳥はうたえる』(2018)での高い評価が記憶に新しい三宅唱監督がメガホンをとり、自身初のホラー作品に挑む。主役の心霊研究家・小田島役に個性派俳優・荒川良々を迎え、『呪怨』シリーズ3作品目にして初のヒロインを務める黒島結菜や、人気ドラマや映画に次々と出演を果たす井之脇海など新進気鋭の俳優陣も勢ぞろい。実力派のキャストたちとともに三宅監督が人間の恐ろしさも浮き彫りにし、『呪怨』で再び世界を震撼させる…。

夜中になると自宅で聞こえる謎の足音に悩まされていたはるかは、テレビ番組で共演した心霊研究家の小田島(荒川良々)のアドバイスでその足音をカセットテープに録音し、彼に送っていた。そのカセットテープに収められていた、足音と“くぐもった女らしき声”を聞き、小田島は彼女が経験している怪奇現象に興味を持つ。一方はるかは、ある時を境に何かに恐れを抱いているような言動をとりはじめた恋人の哲也の様子に不安を覚えていた…。そんな哲也が「ごめん。俺、はるかに言ってないことがあるんだ」と、か細い声で明かしたのは“行ってはいけない家”の話。ただならぬ雰囲気をまとう哲也に、はるかはおびえた表情を浮かべ思わず生唾を飲み込む。すると突如2人に怪奇現象が襲い掛かる…。

「ドンドンドンドン」と謎の足音が聞こえはじめ部屋にも異変が。哲也は恐怖を押し殺し、原因を突き止めるべく寝室へ向かうがそこには何もない…。ほっと一息をつき、はるかのいるリビングの方を目を向けると、得体の知れない「何か」が歩み寄ってきていることに気づく。再び息が乱れ震える哲也の前に姿を現したのは生気がなく白いワンピースに身を包んだ長髪の女。聞こえてきたのは“くぐもった女らしき声”。この世のものではない「何か」との対面に、悲鳴をあげ腰を抜かす哲也。迫る女の正体とは一体…?“行ってはいけない家”に眠る秘密とは何なのか…。

ヒロインのはるかを演じる黒島は、「呪怨 終わりの始まり」(2014)、「呪怨 -ザ・ファイナル-」(2015)に続き、『呪怨』3作目の出演を果たした。いまや活躍の場を広げ続ける彼女のルーツの一つが『呪怨』シリーズで、最初に役名を得た作品が「呪怨 終わりの始まり」という深いつながりがある。
今作については、「人や時間が複雑に絡み合っていて、これは丁寧にやらなければいけないなという緊張も感じましたが、私の演じるはるかがすごく自分好みの子だったので、早く現場に入りたいという気持ちが強かったです」と演じる前から期待感を抱いていたことを明かしている。

はるかの恋人の哲也を演じる井之脇は、子役出身の演技派若手俳優。朝ドラや大河ドラマなど多数の作品で存在感を発揮し、自主制作映画『言葉のいらない愛』(2015)では監督と脚本を務めるなどマルチな才能で活躍中。今作でもこれまで築き上げてきた演技力をいかんなく見せ、恐怖に囚われていく哲也を好演している。

忌まわしい描写の数々や息をのむような恐ろしさなどのこれまでの『呪怨』シリーズの魅力はそのままに、新たな展開と恐怖を描くNetflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』は、7月3日より世界190カ国へ配信予定。

TAGS