92年「エア・ジョーダン7 カーディナル」 3連覇を狙うジョーダンが57得点を叩き出す

「GOAT」(Greatest Of All Time=史上最強の選手)や「バスケの神様」として、バスケットボールだけでなくスポーツ界の歴史にその名を刻んだ元シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダン。ご存知の通りオフェンス・ディフェンスを含めたあらゆる面において超一流のプレイヤーではあるが、通算10回の得点王に輝くなど、特に卓越していたのがスコアリングだ。

また選手として数々の記録を達成してきた一方で、ストリートファッション、ストリートカルチャーに絶大な影響を残したことも忘れてはいけない。1984年、Nikeからシグネチャーシューズのエア・ジョーダン初代モデルが発売されるとシリーズ化され、1990年代にはジョーダン自身の人気とともにエア・ジョーダンも世界的に爆発的なヒットとなり、今日まで30年以上続くブランドに成長を遂げた。

ジョーダンが記録したハイスコア、そしてその瞬間に履いていたエア・ジョーダンを同時にチェックしてみよう。

・57得点
・1992年12月23日 シカゴ・ブルズ VS ワシントン・ブレッツ
・着用シューズ:エア・ジョーダン7 カーディナル

YouTube

1991年にNBA初制覇を果たしたジョーダンは、そのままの勢いで2連覇を達成。そして1992-93シーズンは、史上3チーム目となる3連覇を狙うシーズンとなった。

同シーズン、ジョーダンの足元を支えたのは“エア・ジョーダン7”。現在でも高い人気を誇る“ハラチ”シリーズにインスパイアされたモデルだ。シーズン前に行われたバルセロナ・オリンピック用にリリースされた“ドリームチーム”仕様が特に話題を呼んだシリーズだが、その他にも特徴的な一足が生み出されている。それがエア・ジョーダン7 カーディナルカラーだ。

このカーディナルカラーの特徴的な部分は、やはり黄金に光る“ジャンプマンロゴ”とヒールストラップ。ワンポイントの配色ではあるがゴールドの存在感はバッチリ。シンプルながら目立ちやすい、“神様”ジョーダンにふさわしい一足だ。そして、このモデルを着用した時のジョーダンのパフォーマンスもキレキレであった。

1992年12月23日。ブルズの本拠地シカゴ・スタジアムにワシントン・ブレッツを迎えたこの試合、ジョーダンは序盤から高確率でシュートを決めていく。得意のジャンプショットはもちろん、この日は3Pシュートを連発。自陣からドリブルで持っていき、そのままプルアップ3Pという現代風のオフェンスもたびたび見せ、終わってみればFG22/37(59.5%)、3P6/8(75%)、FT7/8(87.5%)と超高確率のシュート精度で57得点を稼ぎ出した。

さらに10アシストを記録し、この日の得点の半分以上はジョーダンが起点だったことになる。凄まじいジョーダンの活躍もあり、試合は見事107-98でブルズが勝利。クリスマス2日前にホームへ集まったファンたちへの、少し早い“クリスマスプレゼント”となった。

また、この日の勝利でHCのフィル・ジャクソンは通算200勝目を達成。わずか270試合での200勝達成は、2017年3月にゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(元ブルズ)が238試合で達成するまで史上最速の記録であった。

YouTube

TAGS