JORDAN BRAND、日本バスケットボール協会のユニフォームサプライヤーに決定

JORDAN BRAND(ジョーダン ブランド)が、日本バスケットボール協会の公式ユニフォームサプライヤーになったことを発表。男子、女子、3×3、ユースを含む日本代表チームにユニフォームを提供する。

JORDAN BRANDがサポートする協会は、日本が初めてとなり、世界の代表チームとしては4カ国目となる。ユニフォームは、日本で初めてJORDAN BRANDと契約した八村塁をはじめ日本代表選手が着用することとなり、8月11日から仙台で行われる男子代表、女子代表チームの国際強化試合で初めてコートに登場予定だ。

さらに、JORDAN BRANDはウインターカップ、ジュニアウインターカップ、全国ミニバスケットボール大会のスポンサーも行い、日本の子供たちへの長期的な注力や、バスケットボールへの愛情を繋ぐ次世代のプレーヤーたちへのエンパワメントも行っていく。

ジョーダン ファミリーに、今回新たにバスケットボール日本代表が加わることとなり大変嬉しく思います。日本バスケットボール界の持つ無限の可能性をジョーダン ブランドに認められたことは、非常に光栄なことです。このユニフォームを着た日本代表は「未来への可能性」のシンボルであり、すべてのバスケットボールプレーヤーの憧れとなるような存在でなければなりません。日本代表の選手が誇りを持って試合に臨むことで『バスケで日本を元気に』していけることを願っております。
(三屋裕子/日本バスケットボール協会 会長)

なお、グッズのTシャツは、NIKE.COM/NIKEアプリおよび一部の取り扱い専門店で発売中。

TAGS