3型の「エア ジョーダン」 JORDAN BRAND × 藤原ヒロシ「fragment」コラボコレクション

JORDAN BRANDと、藤原ヒロシが主宰する「fragment design(フラグメント デザイン)」によるコラボコレクションがリリースされる。

人々の想像の中に刻まれた瞬間や、動きの中に見られる印象深い懐かしさを表現した本コレクションでは、“鮮烈な記憶を大切にする”というメッセージを込めてデザインされたウェアや、3型のスニーカー「Air Jordan Ⅲ」「Air Jordan Cadence」「Air Jordan XXXV」が登場する。

ラグランフリース、Tシャツ、ナイロンパンツは、アメリカのクラシックなジムウェアを、ホーム=グレー、アウェー=ブルーのカラーリングで仕上げている。

またスウェットシャツは、1980年代のクラシックなスポーツウェアを思わせるデザインや、マイケル・ジョーダンがプレイする姿のプリントを施している。

「Air Jordan Ⅲ」は、2004年発売のオルカパックのようなシンプルな白と黒でデザイン。ヒールカウンターにはfragmentロゴが透明のジャンプマン越しに見えるように配置されている。2つのブランドロゴが重なるデザインは、藤原氏のジャンプマンロゴへの愛情を表している。

ニュートラルグレーの「Air Jordan Cadence」は、「Air Jordan Ⅲ」ヒール エア ユニットを採用。シンプルでタウンユースでの履きやすさを意識しつつ、モダンなアレンジを加えたジムウェアのようなアパレルの雰囲気にも馴染む仕上がりになっている。

さらにこの秋リリース予定の「Air Jordan XXXV」は、ノスタルジックなアパレルと未来のスポーツパフォーマンス シューズの橋渡し的な存在になってほしいという思いが込められているという。藤原氏は「10年後には宝物のようなシューズになるかもしれない」と話している。なお本シューズの詳細は後日発表される。

本コレクションは9月17日(木)より、SNKRS、NIKELAB MA5、THE CONVENIほか、一部の販売店で発売される。また「Air Jordan XXXV」は10月28日より、SNKRS、NIKELAB MA5ほか、一部の販売店で発売予定。

TAGS