ジョーダンブランド、シカゴを代表する8組のクリエイターとコラボレーション

2月14日〜17日(現地時間)にかけてアメリカ・シカゴで開催される「NBAオールスター2020」を記念して、JORDAN BRANDが「JORDAN BRAND 8×8 COLLECTION FOR NBA ALL-STAR 2020」を展開。<シカゴ交通局(CTA)>が運営する鉄道8路線のカラーをモチーフに、8組のクリエイターたちとコラボレーションしたフットウェアやアパレルを発売する。

たとえば、“RED”にはシカゴを代表するファッションブランド「OFF-WHITE(オフホワイト)」を主宰するヴァージル・アブローのユニークな視点によって生まれた「Air Jordan 5 Retro」や、Tシャツ、フーディー、ボイラースーツ、パンツなどが登場。

“PINK”では、ミュージックビデオ・ディレクターのコール・ベネットが運営する「Lyrical Lemonade(リリカル・レモネード)」から、リフレクター仕様のアッパーと8路線の全カラーを使ったヒールタブを採用した「Jordan Aerospace 720」や、Lyrical Lemonadeロゴの入ったフーディーやTシャツがラインナップ。

“BLUE”はチャンス・ザ・ラッパーが共同設立したチャリティー団体「SocialWorks(ソーシャルワークス)」が手掛けた「Air Jordan 1 Hi KO」や、フーディーやTシャツによるコレクション。芸術や教育などを通じて若者に社会的な力をもたらし、起業する機会を与えることでシカゴという都市でリーダーシップを育もうとするSocialWorksの精神が反映されている。

ほかにも、アーティスト/クリエイティブ・ディレクターのCody Hudsonや、ユニセックス・ブランド「Sheila Rashid」、バーバーショップ「No Cuts, No Glory」のDrew the Barber、ストリートウェアを取り揃えるショップ「SucceZZ」、「Wings」という団体に参加する地元の学生4人など、シカゴで活躍するクリエイターたちとコラボしたデザインが揃っている。

TAGS