伝説の“アメリカン・パンク最重要バンド”は何故、解散したのか?

メジャーで大衆的な音楽映画が劇場で注目を集める中、「シネマート新宿」が放つ真逆の新企画、まだ日本で紹介されていない新作や長年上映されていない旧作など、地下にうごめく数々の“アンダーグラウンドなロック・ドキュメンタリー映画”にスポットライトをあてる期間限定の特集上映<UNDERDOCS(アンダードックス)>にて、日本初上映となる、JAWBREAKER(ジョウブレイカー)のドキュメンタリー映画『ジョウブレイカー/ドント・ブレイク・ダウン』が今秋公開される。

YouTube

90年代アメリカン・パンク最重要バンド“JAWBREAKER”の知られざる軌跡

1986年~1996年の10年間活動、80年代前半に吹き荒れたアメリカン・ハードコア以降のパンク・ロックの中でもインディペンデント・シーンでひときわ絶大な人気を誇り、エモコア(エモーショナル・ハードコア)とも呼ばれた90年代アメリカの最重要パンク・ロックバンド、JAWBREAKER。ブレイク(Vo.、G.)、アダム(Dr.)、クリス(B.)の3人からなる3ピースバンドだ。

BLACK FLAGのグレッグ・ギンが運営するレーベルSSTの大ファンで意気投合したブレイクとアダムは高校時代にジョー・ストラマー(THE CLASH)とD・ブーン(minutemen)に直接勧められRED HARVESTというバンドを結成。のちにニューヨークの大学に通うことになったとき、「好きなバンドはGOVERNMENT ISSUE、NAKED RAYGUN、WIRE、HUSKER DU、RITES OF SPRING、DESCENDENTS、SONIC YOUTH、NECROSなど」「バンド・メンバー求む」と記されたクリスのメンバー募集広告に書かれたバンド名に衝撃を受けた二人が連絡、ジョウブレイカーは結成された。

ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコと拠点を移しながらインディーズ・シーンで活動、Green DayとNirvanaのあいだに存在するギャップを埋められる唯一のバンドと思われた存在だったが、ある出来事で「パンクの精神に反している」と罵られ、チケットを買ってまでステージに背中を向けて抗議するファンが多数出現するなど、凄まじいバッシングを受け、96年に突如解散。

『ジョウブレイカー/ドント・ブレイク・ダウン』は、そんなJAWBREAKERの知られざる活動の軌跡、解散の顛末をそのままストレートに映し出した作品だ。インディーズでの活動、メジャーレーベルの勧誘、楽曲創作への姿勢、支えてくれるオーディエンスとの関係。バンドが規模の大小はあれど少しでも商業的な成功を求めた場合に生じる歪みは、何のために活動するのか、バンドとは、創作とは、表現とは、という根源的な問いに対する思考を巡らさずにはいられない。

監督はminutemenのドキュメンタリー映画『ミニットメン:ウィ・ジャム・エコノ』(2005)のキース・スキエロンとティム・アーウィンのコンビ。
本作は、2007年に約11年ぶりに再会を果たしたメンバーの姿も映しだされ、その時点でこの映画の企画が立ち上がっていたことを伺わせる。だが映画祭で初上映されたのは2017年。また、すべての権利処理がなされて商業的ディストリビューションが可能となったのが2019年である。なお、監督のキース・スキエロンは2016年に膠芽腫脳腫瘍でこの世を去っている。

出演はメンバーのほか、アンナ・ワロンカー(THAT DOG)、ビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)、ベン・ウィーゼル(スクリーチング・ウィーゼル)、ベン・サイズモア(イコノクライスト)。また、プロデューサーであるロブ・カヴァロ、スティーヴ・アルビニなど。
Pixiesの「SURFER ROSA」やNirvanaの「IN UTERO」など数々の名盤を手掛けたスティーヴ・アルビニは当初、JAWBREAKERをJAWBOXと勘違いしていたと証言している。

『ジョウブレイカー/ドント・ブレイク・ダウン』は今秋、シネマート新宿・シネマート心斎橋で開催されるロック・ドキュメンタリー特集上映映画フェスティバル<UNDERDOCS>にて上映される。

©2019 Rocket Fuel Films

TAGS