デパート乱闘、時計台から垂直落下… 世界よ、これがジャッキー・チェンだ

ジャッキー・チェン主演最新作『プロジェクトV』(5月7日公開)より、ジャッキーの過去作品より厳選した超高速レジェンドアクション動画が公開となった。

いまだに衰え知らずのアクションを見せるレジェンドのジャッキー・チェンだが、中期の作品から『プロジェクトA』(1984年)、『五福星』(1984年)、『スパルタンX』(1984年)、『香港発活劇エクスプレス 大福星』(1985)、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)、『サンダーアーム/龍兄虎弟』(1986年)、『プロジェクトA2 史上最大の標的』(1987年)、『サイクロンZ』(1988年)、『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』(1988年)、『プロジェクト・イーグル』(1991年)、『ポリス・ストーリー3』(1992年)よりアクションシーンを厳選。

沿岸警備隊、香港警察、弁護士役に探検家など様々な役を演じるジャッキーが登場し、隊服に身を包んだ彼の「行くぞ」の一声とともに怒涛のアクションが始まる。『プロジェクトA』で見せた高速ラッシュから『ポリス・ストーリー/香港国際警察』よりデパートでのジャッキー対多数の乱闘。ユン・ピョウと共闘するシーンから見られる数々のキックアクションにも注目。高い閉門を手も使わず脚力で超え、その脚力から繰り出されるジャンプキックはバイクを運転するライダーを吹き飛ばすほどの威力だ。
そして彼のアクションの代名詞でもある身近な物や建造物をつかったアクションはもちろん、ユーモアさやコミカルさも散りばめられている。さらにダイナミックなカーアクションは1つの村を全壊してしまうカーチェイスから、車で橋を飛び越えてトラックに突っ込んだりとそのパターンは様々だ。

YouTube

そんな驚異の身体能力を見せ続けるジャッキー・チェンの最新作でまた自身の作品のオマージュ要素も詰め込まれており、まさに集大成と言える作品が『プロジェクトV』だ。ロンドンやアフリカ、ドバイなど世界各国を舞台に危機に立ち向かう、国際保安警備会社“ヴァンガード“を描くアクション超大作となっており、本作でも車を使った豪快なアクションシーンは多く、時には崖を飛び越え、時には金色の高級車群がドバイの町を駆け巡っている。

今回は『ポリス・ストーリー3』(1992年)、『レッド・ブロンクス』(1995年)の盟友スタンリー・トン監督との最強タッグが再結成。すでにアメリカやロシア、中国などでは1000を超えるスクリーンが用意され、イギリス、インド、韓国、シンガポール、マレーシア、アラブ首長国連邦など異例の全世界規模での拡大公開が実現した。各国でオープニング興行収入第1位を記録し、現在2020年公開作品世界第13位(Box Office Mojo 12/31調べ)、全世界TOP15入りは『ベスト・キッド』以来10年ぶりの快挙となる。

YouTube

『プロジェクトV』は、5月7日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

©︎2020 SHANGHAI LIX ENTERTAINMENT CO.LTD ALLRIGHTS RESRVED

TAGS