人間超えダンク、全身バネ男… 天才ジャ・モラント、NBA19-20シーズン新人王に

2019-20シーズンの新人王にメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントが選出された。

NBA/YouTube

今シーズンは67試合に出場、1試合平均17.8得点、3.9リバウンド、7.3アシスト、FG(フィールドゴール)成功率47.7%、3ポイント成功率33.5%、フリースロー成功率77.6%という大活躍を見せ、新人ながらグリズリーズをプレイオフ進出目前というところまで牽引した。

NBA/YouTube

モラントは今年のNBAドラフト全体2位指名の期待の新人。「全身バネ」と評されるほどの身体能力と、確かなボールハンドリングとパスセンスを持ち合わせたポイントガード。モラントは開幕から安定的に実力を遺憾なく発揮、たくさんのハイライトプレイを生み出した。

まず、モラントのプレイで印象的なのは得点能力の高さ。速攻時やゲームを決める華麗なレイアップの数々。解説が思わず“Oh my Ja!!(オーマイジャ!!)”と、Oh my god(オーマイゴッド)とモラントの名前をかけ合わせたフレーズを叫んでしまうほどだ。また、忘れてはいけないのが彼のパス能力。ドライブからのキックアウト、ピック&ロールからのパスなど、状況に合わせた多才なパス能力が魅力だ。

そして、何よりも注目なのは、モラントの“スター性”ではないだろうか。今までのグリズリーズはどちらかと言うと、地味で堅実なチーム作りが印象的で、決して派手なプレイを売りにしたチームではなかった。ダンクやアリウープは朝飯前、見るものを魅了するドリブルやパススキル、そして覚えやすい独特なヘアスタイルなどを兼ね備えたモラントはチームに新しい風を吹き込んだのだった。

Bleacher Report/YouTube

TAGS