30年越しの因縁 ジョーダンの告発に“天敵”が怒りの応戦

NBAのオールドファンなら1980年代後半にNBAチャンピオン経験者として幾度となくしのぎを削ったマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)とアイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)の両名が犬猿の仲であることはご存じだろう。そのきっかけとなったのが1985年のNBAオールスターゲーム。ジョーダンは22分間プレイしたにも関わらず7得点(FG9本中2本成功)に終わった理由をトーマスに”フリーズアウト(のけ者扱い)”されたからだと主張している。

YouTube

トーマスが当時ルーキーだったジョーダンにパスをしないように仕組んだとされる事件だ。その後、1992年のバルセロナオリンピックでは、ジョーダンがトーマスのドリームチーム入りを拒んだと言われており、二人の溝は30年以上たった今でも埋まっていない。

トーマスはオールスターの陰謀説について一貫して否定しているが、バスケファンはジョーダンとトーマスの間でビーフが起きる度にこの話題を取り上げてきた。そして今月、ニュースとメディアパブリッシャーの人気ウェブサイト「The Inquisitr」がジョーダンとトーマスの不仲になった主な原因を取り上げた記事を掲載した。

これはジョーダンが1992年に雑誌「プレイボーイ」のインタビューで答えた内容をメインに取り上げた記事だが、オールスターで起きた“のけ者”説の質問に対して「当時の映像を見れば分かるけど、実際にトーマスがそうしていたのは明白。俺にパスを回さないことを意図的にしていたとが分かってから、二人の仲は悪くなったんだ」と答えた。

このインタビューでジョーダンは初めてトーマスに会ったとき、ルーキーとして挨拶をしたにもかかわらず、オールスターウィークエンドが終わってみると、「トーマスに話しかけもせず、傲慢で生意気な奴みたいにされていた」と主張。

「The Inquisitr」の記事を読んだトーマスはこれに対しブチ切れ。Twitterでジョーダンのコメントを全否定し「嘘をつくな。この話は真実ではなく、正しくない。本当のことを言えよ」と攻撃的なツイートで応戦。さらに「ドクターJ、モーゼス・マローン、ラリー・バード、シドニー・モンクリーフと俺は君を“のけ者”になんかしなかった。記憶が正しければ、俺は後半は怪我で何もできていなかったし、バードは鼻が折れていた。マジックとサンプソンがゲームを支配していたんだ」と付け加えた。

新人ながらオールスターでスタメンに選出され、若くして才能が開花しつつあったジョーダンゆえに洗礼を味わう羽目に陥ったのか。真実は闇の中だが、2022年になっても二人の関係は溝が深まるばかりだ。

TAGS