世界よ、これがブルース・リーの超絶ヌンチャクアクションだ 『イップ・マン 完結』

ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる「イップ・マン」シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』(7月3日公開)より、チャン・クォックワン演じるブルース・リーがシリーズで初めてアクションシーンを披露し、見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒する本編映像が解禁となった。

ギャガ公式チャンネル/YouTube

ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。激動の時代に誇りを貫いた彼の半生を描いてアジアで驚異的なヒットとなった、10年以上に渡る「イップ・マン」シリーズの集大成がついに日本公開。舞台はアメリカ、教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む。

前作『イップ・マン 継承』では、イップ・マンが最愛の妻とダンスをするためのコーチとして登場した愛弟子ブルース・リー。本作では、久しぶりに師匠イップ・マンと再会したダイナーで不当な言いがかりをつけるアメリカ人相手に一人立ち向かう。

ブルース・リーを演じるのは、『少林サッカー』(チャウ・シンチー監督)でブルース・リーにそっくりなゴールキーパー役を演じ話題となったチャン・クォックワン。今回満を持して、見事なヌンチャクアクションを披露。路地裏でのその激闘シーンは、ブルース・リーの生誕80周年の今年、傑作4作品が鮮やかによみがえる「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」(7月3日公開)で上映される『ドラゴンへの道』を彷彿とさせる場面で、その再現度の高さにはファンならずとも心躍ること間違いなし。

「ブルース・リーとイップ・マンが中国カンフーの世界に与えた影響を表現したかった」と語り、完結となる本作で、師匠イップ・マンと愛弟子ブルース・リーの師弟関係を中心に物語を紡いだウィルソン・イップ監督と、幼い頃からブルース・リーを敬愛するドニー・イェン。二人が描くイップ・マン最後の闘い『イップ・マン 完結』は、7月3日(金)より公開。

©︎Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.
©︎Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.

TAGS