13組のアーティストがバーチャルヒューマン“imma”をテーマに作品を展示

5月22日(土)より、東京・渋谷の「DIESEL ART GALLERY(ディーゼル・アート・ギャラリー)」にて、バーチャルヒューマンのimmaと国内外で活躍するアーティスト13組によるグループ展『imma天』が開催される。

参加するアーティストは、YOSHIROTTEN、河村康輔、吉田ユニ、トキ、Jun Inagawa、KIM SONGHE、Riyoo Kim、Amazing JIRO、岸裕真、MASAKO.Y、山田晋也、Kanatan、上岡拓也の13組。本展では、ペインティングからドローイング、グラフィック、デジタルデータ、写真、立体、映像など、様々な手法で“imma”をテーマにした作品を展示する。

会場構成やビジュアルディレクションは、アートユニット<skydiving magazine>としても活躍するアーティスト・村田実莉が担当。“天国”をテーマにしたというダイナミックな空間に仕上がっている。

なお会場では、展示作品のほか、展覧会のために作られたポスター、ポストカード、Tシャツなどの関連グッズも販売される。

imma天
場所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F「DIESEL ART GALLERY」
期間:5月22日(土)〜9月2日(木)

何がリアルで、何がフェイクなのか?
現在、私たちの生活では人間同士よりも、バーチャルでの接触が増えている。世界の出来事はニュースで見て、他人の考えをSNSで読む。目の前の証拠より、ネットの情報を真実と捉えられることも増え、「フェイクニュース」という新たな言葉も生まれた。人々は日々、何をリアルと感じて、何をフェイクと捉えているのだろう。
バーチャルの世界で起きた事を人は「リアル」と認識し始めているのではないか。
太古からリアルと存在しないものの境界線は曖昧だった。ラスコーの洞窟に描かれた動物たち、アニミズムから生まれる偶像崇拝、色とりどりの絵画、遺影写真、運転免許証、ツイッターのアイコン、そしてimma。
情報に溢れかえった現代では、人々が真実と思えるものが異なってきている。
真実というものは、それぞれが「信じられるものこそ真実」なのである。

TAGS