「アートを多くの人々の家に届けたい」 IKEA × 世界各国の現代アーティストがコラボ

IKEAがアートと機能を追求する『Art Event collection 2021』を発表した。

2015年以降、IKEAは世界中のアーティストとコラボした『Art Event collection』を展開。手織りのアートラグ、クリスタル製のトイアートフィギュア、写真、イラストといったウォールアートなど、様々なジャンルや工芸品を通してアートの多様な表現を称えてきた。その目的は当初から変わらず、アートを民主化し、誰もがアートを簡単に手ごろな価格で買えることだ。

6回目となる今年の『Art Event collection』は、アートとデザインの境界をより曖昧にして、アートを多くの人々の家に届けることを目指したものになっている。今回IKEAがコラボしたのは、NYのダニエル・アーシャム、東京の3D造形ユニットGELCHOP、ストックホルムのHumans since 1982、ニュージーランド出身で現在はロッテルダム拠点に活動するデザイナー サビーヌ・マルセリス、ドイツ出身のステファン・マルクス。それぞれ世界各国で活躍する多様なバックグラウンドを持つアーティストたちだ。

『Art Event collection』のクリエイティブリーダー、ヘンリク・モスト氏は、「私たちはアートとデザインが一体となった多様性を反映させるために、世界中のさまざまなアーティストとコラボしました。アーティストやデザイナーであることは、一つの枠に留まらなければならないということではなく異なる分野で活躍できるということ、そしてこの新しいムーブメントが今日のデザインとアート両方のシーンに大きな影響を与えているということを示したいと思っています」と語っている。

『Art Event collection 2021』の作品は2021年4月以降、世界のIKEAショップと公式オンラインストアで買うことができる。

TAGS