「ストレンジャー・シングス」の製作陣 ×「このサイテーな世界の終わり」の監督が贈るサイキック青春ドラマ Netflix『ノット・オーケー』

Netflixオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』が2月26日(水)より全世界独占配信される。

本作は、チャールズ・フォースマンによる同名グラフィックノベルが原作で、世界中で社会現象&メガヒットした「ストレンジャー・シングス」のショーン・レヴィが製作総指揮、そして独創的な世界観が人気を生んだ「このサイテーな世界の終わり」を手掛けたジョナサン・エントウィッスルが監督という夢の最強タッグが実現したことも話題の青春エンターテイメント。

新「IT」シリーズで一気にその名を世界中に知らしめたソフィア・リリスとワイアット・オレフが再び共演することでも期待が高まっている。

主人公は17才の女子高生シドニー(ソフィア・リリス)。父親の死によって変わってしまった家族関係、学校では恋や友情、性の目覚めなど、青春時代に誰しもが経験するような問題に悩みながら、退屈でモヤモヤする毎日を送っている。そんなある日、彼女の中にあった“普通じゃない”スーパーパワーがなぜか突然覚醒、想像を超えたありえない状況に戸惑うシドニー。さらに彼女を取りまく個性的な友人、クラスメートたちを巻き込みながら、事態は思いもよらない方向へ展開していく。
果たしてシドニーは積み重なる苦難から無事解放され、“普通”の学校生活を送ることはできるのか!?

Netflix Japan/YouTube

予告編は、いきなり全身血まみれのシドニーが全力疾走で何かから逃げるという、衝撃的な冒頭からスタート。
彼女の日々の生活はいろんなことがビミョーな感じ。少し気になる存在の親友女子ディナは、イケメンの男の子と付き合っているし、父親が昨年の夏に死んでしまってから、母親との関係もすっかり変わってしまった。
沢山の悩みにモヤモヤしているがゆえ、ついキレて周りのものにイライラをぶつけてしまうシドニー。そんなある日、ひょんなことから自分の手を触れず物を動かすことができる不思議なスーパーパワーが生まれてしまったことに気付く。自分の意思に反してパワーを発揮してしまい、どう制御したらよいのかわからない…。そもそも何故こんなパワーが!?
ちょっとナルシストで残念なスタンリー(ワイアット・オレフ)ら、一癖も二癖もある個性的な友人たちと交流しながら、様々な悩みに立ち向かっていく。

製作総指揮のショーン・レヴィは本作について「『ストレンジャー・シングス』と同じように、本作は10代の若者を描くドラマであっても、10代の若者だけが観るドラマにはしないように作りました。若者たちには、若者だけに迎合しない面白さを分かってもらえると思いますし、絶妙に時代を超越した衣装やセットデザイン、音楽のチョイスなど、精巧かつ高度でスタイリッシュであり、すべての年齢層が共感できる物語になっています」と自信のほどを覗かせる。

監督を務めたジョナサン・エントウィッスルは、「『FARGO/ファーゴ』や『ツイン・ピークス』に触発された撮影を行いながらも、物語は若者を描いたストーリーなので、あらゆる視聴者に受け入れられるドラマだと思います」と確かな手ごたえを感じている様子。

そして主人公のシドニーを演じる18才の新星女優ソフィア・リリスは、ショーンに「ソフィアは唯一無二の独特な雰囲気を持っていて、会った瞬間に“シドニーを見つけた”と思いました」とさえ言わしめる逸材。さらに変わった友人スタンリーを「IT」でソフィと同じく人気となった16才のイケメン俳優ワイアット・オレフ、人気ドラマシリーズ「グッド・ワイフ」などのソフィア・ブライアントや、超新星イケメンのリチャード・エリスらも名を連ねる。

すでに世界中から熱い注目が注がれる新感覚青春エンターテイメント『ノット・オーケー』が2月26日(水)より全世界独占配信。

TAGS