Gucci一族の闇と暗殺事件 愛と裏切り、退廃、復讐を描く

1921年にイタリア・フィレンツェで創業されたファッションブランド「Gucci(グッチ)」の創業者一族の争いを描く映画『House of Gucci(原題)』が11月24日より全米公開される。

Lady Gaga/YouTube

豪華キャストの出演が話題を集める本作は、1995年に起きたGucci創業者グッチオ・グッチの孫であるマウリツィオ・グッチの暗殺事件を軸に、3世代にわたる愛と裏切り、退廃、復讐を描く。

マウリツィオ・グッチ役にアダム・ドライバー、マウリツィオ・グッチを暗殺した元妻パトリツィア・レッジアーニをレディー・ガガが演じる他、パオロ・グッチ役をジャレッド・レト、アルド・グッチ役をアル・パチーノ、ロドルフォ・グッチ役をジェレミー・アイアンズが演じる。さらに、ジャック・ヒューストン、リーヴ・カーニーらが名を連ねている。製作はリドリー・スコットの他、妻で女優/プロデューサーのジャンニア・スコットが務めた。脚本は作家ロベルト・ベンティヴェーニャ。

映画『House of Gucci(原題)』は、2021年10月15日より米国公開。

TAGS