父親が俺にくれたのは、“痛み”だけだ シャイア・ラブーフの自伝的映画『ハニーボーイ』

2019年「サンダンス映画祭」を皮切りに世界の映画祭で絶賛の嵐を巻き起こし、賞レースを席巻した話題作『ハニーボーイ(原題:HONEY BOY)』 が、8月7日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか、全国順次公開されることが決定した。

ギャガ公式チャンネル/YouTube

本作は、人気子役として活躍する12才のオーティスが、マネージャーを務める愛情表現が不器用な父ジェームズに振り回され、ぶつかり合う日々の中で、オーティスを心配する保護観察官のトム、モーテルに住む隣人の少女、撮影現場の大人たちとの出会いを経て、成長していく感動の物語。

12才のオーティスを演じるのは、『ワンダー 君は太陽』『クワイエット・プレイス』シリーズ、『フォードvsフェラーリ』と異なるジャンルの傑作でひときわその存在感を放ち、美しいルックで世の映画ファンを魅了する次世代のスター、ノア・ジュプ。トラブルを抱える家族や周りの大人たちとの間でままならない日々をどうにか懸命に取り繕い、背伸びして頑張る姿は、愛らしく切なく健気で観る者の胸を締め付ける。また、10年後のオーティスは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズが演じた。
なお、父親ジェームズ演じたシャイア・ラブーフは、本作で長編映画の脚本家デビューを果たしている。

View this post on Instagram

Our sweethearts 🥺🍯❤️

A post shared by Honey Boy (@honeyboymovie) on

予告編は、ある女性から「父親の思い出」を尋ねられる22歳のオーティス(ルーカス・ヘッジズ)から始まる。「父親が俺にくれたのは、“痛み”だけだ」と頭を抱え、涙ながらに語る彼の過去とは―。

時は10年前、人気子役だった12才の頃(=ノア・ジュプ)にさかのぼる。
マネージャーとして付き添う無職で前科者の父ジェームズは、いつもイライラした様子で周囲には横暴な態度をとる。そんなトラブルメーカーの父親に振り回され、愛を感じられないでいたオーティスは孤独感と、フラストレーションを募らせ、ついに「いい加減にして!」と感情が爆発、大声を張り上げる。

“ただ、普通の親子でいたかった―”当たり前のこともオーティスにとっては切実な願いになるほど、すれ違うふたり。撮影現場で大人に囲まれ、家では稼ぎ頭でいるうちに“ずっと自分を演じて生きてきた”オーティスの切ない心情がナレーションからも伝わってくる。そして、父と子が互いに心情を吐露するシーンは不器用な父とただ親の愛を受けたい子供のすれ違う関係の切なさに胸が詰まる。そんな中でも愛にも似た安らぎを与えてくれる隣人の少女、シャイガールとの出会いと、未来への突破口となる希望ある言葉が彼の背中を押す。

“大人になった今。ぼくは知った、そこに愛があったことを”のナレーションが示す、時を経た先にオーティスが見たものとは―。

© 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

TAGS