目立った選手を倒していきたい “マサカリ殺法”金太郎、RIZINのベルトを狙う

アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人」こと、HOMIE KEIによるYouTubeチャンネル『KEI family』で、動画「倒してやりたい奴」が公開され、金太郎とのトークを繰り広げた。

KEI family/YouTube

「朝倉兄弟とは戦いたいとは思っているか?」という質問に金太郎は「目立った選手を倒していきたい。やっぱり格闘家なので『俺が俺が』の精神がないとトップには行けないと思っている。朝倉兄弟のほうがすごく認知もされているけど、格闘技ではそこは平等というか、僕が結果さえ出していけばいつかやることもあるだろうし、そのときはしっかり倒したいという気持ちしかない」とコメント。

朝倉兄弟の弟でRIZINバンタム級チャンピオンの朝倉海とは階級が同じなため、「日本のトップはRIZINのベルトを獲ったらなれる。RIZINのベルトを獲るのを目標にしているので、そこは目指しています」と意欲を見せた。

するとKEIは昨年の大晦日に開催した『RIZIN.20』で海から勝利して、UFCに渡った元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプの名前を出して「あれ、自分が出したんですよ」と明かして金太郎を驚かせる。「プーケットのジムで練習をしていて『出たい』と言っていた。RIZIN側に言ったら『こんな選手前座ぐらいしかダメだ』と言われて『前座でもいいから』」と、ケイプを日本に招いた経緯を明かした。

日本でのビッグマウスぶりが話題になったケイプだが、これについても「『勝ったらなんて言えばいい?』って言うから『なんだこの野郎!』だけ言っとけって」と、アドバイスをしていたのが自分であることを告白。金太郎は「これはすごい裏話」と目を丸くしていた。

TAGS