ナメてた売れないWEB漫画家が、実は殺人マシンでした

韓国で240万人動員の大ヒットとなったクォン・サンウ主演『ヒットマン エージェント:ジュン』(9月25日よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー)の予告編が公開された。

YouTube

国家情報院に拾われ暗殺要員として育てられた孤児少年「ジュン」は、瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなった。しかし、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。
15年後―。ジュンは憧れの漫画家になったが、全く売れずにいた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を描いて配信すると大ヒット。漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる。

予告編は、実写とアニメーションシーンが行き来する映像で構成。激しいアクションシーンや大人数の銃撃戦に加え、狭いエレベーターの中でのアクションや窓をぶち破り相手を攻撃するアクションなど、高度なテクニックを必要とする数々のアクションを披露している。

主演は『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』『鬼手』の主演映画3作品が立て続けに日本でも公開される人気俳優クォン・サンウ。監督のチェ・ウォンソプは魅力が十二分に引き出されるよう、クォン・サンウをイメージして脚本も執筆した。さらにドラマ『SKYキャッスル ~上流階級の妻たち~』のチョン・ジュノ、『レッスル』のファンウ・スルヘ、『殺されたミンジュ』のイ・イギョンが脇を固める。

©︎2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

TAGS