平成以降の「仮面ライダー」をフィーチャー 新ブランド『HENSHIN by KAMEN RIDER』

平成以降に放映された歴代「仮面ライダー」作品をフィーチャーしたファッションブランド『HENSHIN by KAMEN RIDER(ヘンシン バイ カメンライダー)』がローンチされた。

本ブランドは、なりゆきや外的要因により戦う宿命を背負う主人公たちの“内面の変化”こそ「仮面ライダー」作品が持つ“タイムレスな価値・魅力”と捉え、外面的な変化を指す“変身”と対照的に、内面的な変化をアルファベットの“HENSHIN”と定義し、<服に袖を通す日常の中で少しずつ自分をアップデートできる服>をテーマに、スニーカーやアパレルアイテムを展開。

記念すべき第一弾では、「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーファイズ」「仮面ライダーW」の計3作品をフィーチャー。各ライダーをデザインしたスニーカーや、Tシャツ、パーカー、ジャケット、キャップ、ソックス、ベルトなどのアパレルアイテムが登場する。今後、20人の平成仮面ライダーたちのアイテムも順次展開予定だという。

オリジナルアイテムをはじめ、服と体の関係性に迫るコンセプチュアルなウェアを提案するアパレルブランド「FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)」と、非現実的な日常から受けるインスピレーションをベースとした服作りを手がける「ANREALAGE(アンリアレイジ)」とのコラボコレクションもリリースされる。

本コレクションは、公式サイトおよびオフィシャル通販サイトで発売中。また公式サイトでは、バーチャルポップアップストアを閲覧できるほか、俳優・窪塚洋介のスペシャルインタビューも掲載。さらに、ブランド立ち上げを記念して「新宿伊勢丹メンズ館」ではポップアップストアがオープンした。

<ポップアップストア>
期間:2月10日(水)〜2月16日(火)
場所:新宿伊勢丹メンズ館1階 プロモーションスペース

©石森プロ・東映

TAGS