畑山隆則が認めた“天才”と認めたボクサーとは?

A-SIGN.BOXING.COMが運営するYouTubeチャンネルで、「畑山隆則氏が認めた天才とは?」が公開。元日本ライト級王者の石井一太郎、元日本バンタム級王者の赤穂亮、元日本ミドル級王者の胡朋宏の3人が“天才は誰だったのか?”をテーマに、レジェンド畑山が天才だと認めたという元WBA世界ミニマム級王者・新井田豊についてトークを繰り広げた。

スタッフから日本人で天才と呼ばれる選手について聞かれると、石井は「一番身近な人で言えば、新井田さんだよね」と回答。新井田はWBA世界ミニマム級で7度の防衛に成功しているが、石井は「畑山さんが新井田さんのことを天才って言ってた」と、畑山のお墨付きであることを明かし、理由の1つに身体能力を挙げた。

A-SIGN.BOXING.COM/YouTube

すると赤穂は「走るのが滅茶苦茶速いらしいよ。半端じゃないらしい、中距離やっても長距離やっても。特に中距離なんか800メートルとか滅茶苦茶速いらしい」と語り、石井は横浜光ボクシングジムの初代会長である故・関光徳が「ボクシングをやってなかったらサーカス団員にもなれる」と、身体能力の高さを評していたことを明かした。

胡は新人時代に新井田のスパーリングを目の当たりにしたそうで、「アマチュアあがりはみんなステップを使ってというのがスタイルというか、それが普通だと思っていたら、新井田さんはリングでゆっくり歩きながら、それでも相手のインに入れるくらい。それでボディのトリプルを打ったりとか。あんな選手は見たことなかった」と、驚愕したという。

赤穂によると、新井田は「なかにスッと入るのが上手い」そうで、「あれはなかなかできないですよね、やっぱり怖いし」と、センスの必要なテクニックであると解説。さらに石井が「派手だよね、パンチも派手」と、攻撃に華があったと語ると、赤穂も「アッパーも飛ぶように打つ。日本人はああいうアッパーを打たないよね」と絶賛した。

TAGS