リオネル・メッシが開発した理想のハンバーガー、日本上陸

2021年6月に創業50周年の節目を迎えたアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」。50周年を記念してアンバサダーに迎えられたのは、サッカー界のレジェンド、リオネル・メッシ。早速彼のシグネチャーバーガー「Messi Burger(メッシバーガー)」がハードロックカフェに降臨し世界を席巻している。

このバーガーは、メッシ自ら開発に携わって理想のハンバーガーを作り上げ、さらには自身の名前までつけてしまったという渾身の一品だ。最上級の牛肉100%で仕上げたパテ2枚を炭火でジューシーに焼き上げ、プロボローネチーズ、チョリソー、キャラメリゼしたレッドオニオン、レタス、トマトといった食材に、ハードロックカフェ特製のスパイシーでスモーキーなソースをかけ、トーストしたブリオッシュバンズでサンドしたという豪華すぎるバーガーとなっている。ちなみにハードロックカフェのおすすめは、フライドエッグをエキストラでトッピングした食べ方だそうだ。

メッシバーガーは、2026年まで開催されるハードロックカフェ50周年記念キャンペーン「Live Greatness」の一環として実施されている。日本では4店舗(東京店/上野駅東京店/横浜店/ユニバーサル・シティウォーク大阪店)のハードロックカフェで5月31日まで販売中とのこと。気になる価格は税込1,800円。ぜひこの機会にトライしに行ってはいかがだろうか。

TAGS