「思いっきりぶっ飛ばす」 萩原京平、ドミネーター戦に自信

萩原京平は3月20(日)に丸善インテックアリーナ大阪で開催される『RIZIN.34』で弥益ドミネーター聡志と対戦。試合への意気込みを柔術家・岩崎正寛のYouTubeチャンネルで語った。

【柔術家 岩崎正寛】DEEP HALF CLUB/YouTube

「去年からずっと恋してる気持ち(笑)」と、待ち望んだ一戦の実現を喜んだ萩原は、モチベーションにも変化があったそうで「『絶対やったんで』みたいな。闘志に火がついたというか、周りからも『負ける』って毎度ながら多いじゃないですか。そういうのもあって『見とけよ』っていう感じで燃えてます」と、熱い想いをたぎらせた。

「何を一番に見せたいか?」という質問には「成長したところを見せたいっていうのと、完全決着」と答えて「勝負に徹するんじゃなくて、観てる人が楽しめる、内容もメチャクチャこだわって、そういう試合にしたい」と、盛り上がる試合にすることを目標に掲げた。

岩崎が「君、どんなに勝っても評価されない」と指摘すると、萩原は「なんなんすかね」と苦笑。しかし厳しい世間の声に対しては「見返したろう精神が出てくるというか、やる気になるんでね。そういう声があがってるほうがテンション上がる」と、むしろ糧にしていることを明かした。

試合について「メチャクチャ自信ある。ナメてるとかそういう感情は一切ない」と自身を見せた萩原は「思いっきりぶっ飛ばしてやろうと思ってますね」と、ド派手な勝利を誓った。

TAGS