再起戦は打撃でボコボコにする 萩原京平、朝倉未来への復讐プラン

10月2日に開催された「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」で朝倉未来と対戦して敗北を喫した萩原京平が、リベンジに向けたプランについて語った。

【柔術家 岩崎正寛】DEEP HALF CLUB/YouTube

萩原は11月28日(日)に神戸ワールド記念ホールにて開催されるRIZIN第3のシリーズ『TRIGGER』のメインイベントで昇侍と対決。柔術家、岩崎正寛のYouTubeチャンネルで公開された動画で、萩原は試合への意気込みを語った。

昇侍との対戦はまったくの予想外だったと語る萩原だったが「打撃戦になると思うので、みんなが観たいものを見せられるんじゃないか」と、好勝負を見せることを約束。

しかし昇侍に勝つことが大前提だとして「ずっと練習していることがあるので、その成果を試合で出したい。レスリング技術も上がっていることを見せて、大みそかに進みたい」と、実力を見せつけたいと語った。

ここで岩崎が朝倉へのリベンジの意志を問いかけると、萩原は「もちろん」と即答。昇侍戦、大みそか、そして年明け1発目の勝負で3連勝することで道が開けるのではないかとして「来年の中旬ごろにはリベンジしたいなって思ってますね」と明かした。

改めて昇侍戦について聞かれた萩原は「完膚なきまでにボコボコにしたい」「打撃で圧倒的な差を見せたい」と、完全勝利に向けて闘志を燃やしていた。

TAGS