Gucci、韓国・ソウルの文化的景観と現代アートを支援

Gucci(グッチ)がサポートする『No Space, Just A Place』展が、韓国初のGucci Placesであるソウルの「大林(デリム)美術館」で、2020年7月12日まで開催されている。

GUCCI/YouTube

Gucciのクリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレの社会に対する想いをテーマに、ミリアム・ベン・サラがキュレーションを手掛けたこの展示会は、人と人、人と環境が新しい方法で関わり合い、望ましい未来を築いていく場である“他なる空間”を意味する「エテロトピア(eterotopia)」がコンセプトになっている。

注目なのは、店先、ロフト、倉庫など、メインストリームからかけ離れた場所に存在するインディペンデントでオルタナティブなアートスペース。Audio Visual Pavilion、BOAN1942、D/P、Hapjungjigu、OF、Post Territory Ujeongguk、Space Illi、Space One 、Tastehouse、White Noiseといったソウル市内10箇所のアートスペースが参加し、それぞれコラボレーションやサポートを行っているアーティストの作品を館内で展示する。また、国内外のアーティスト5人も招待しており、没入型のインスタレーションを展開している。

「それぞれの作品は、オルタナティブなアートスペースを新たな物語を生み出すユートピア空間と考える。“エテロトピア”というテーマに応えて、他者性の理解、マイノリティのアイデンティティの追求、新しい政治的かつ美学的関係の構築を目指している」とGucciは紹介する。

GUCCI/YouTube

Gucciの公式YouTubeでは、『No Space, Just A Place』展のイントロダクションムービーを公開。また、公式サイトでは、360度を見渡すことができるバーチャルツアーや、各作品の紹介を見ることができる。自宅からオンラインでアート鑑賞してみてはいかがだろう。

View this post on Instagram

The ethical and aesthetic value of the relationships between genres and gender, the notion of learnscapes, the urgency of self-expression and an ageless anthropological manifesto are key themes of #Gucci Creative Director @alessandro_michele’s meditations on society, which are reflected in the mission and ambitions of the alternative spaces featured in the new exhibition ‘No Space Just A Place’. To add to the dialogue, curator @myriambensalah asked a selection of local and international artists to exhibit their works, in the form of immersive installations inspired by the near future or by fantastic mythologies. Kang Seung Lee @kangseunglee’s wallpaper installation ‘Covers (QueerArch)’ (pictured in image 1 and 2) centers on QueerArch’s archival collection to present an alternative view of the queer community and its history in South Korea during the past four decades, honoring personal narratives that have been marginalized by mainstream history. #MartineSyms’ video installation ‘Notes on Gesture’ (image 3) is a reflection on the way gesture, body language and actual language are shaped by cultural forces and allow to perform identity—implying that the latter is a construct and opening up possibilities for alternative identities. Cécile B. Evans @cecilebevans’ installation ‘What The Heart Wants’ (seen in images 4 and 5) explores the person-to-machine exchanges that have come to define the contemporary human condition. Amidst the paradoxes of a future-turned-now, a negotiation emerges about who or what constitutes a person and how systems shape the terms of what it means to be “human”. Held at the @daelimmuseum in Seoul—a location part of the #GucciPlaces network—the exhibit will run until July 12, 2020. Take a virtual tour of the exhibition with a special 360 video available through link in bio. #NoSpaceJustAPlace #AlessandroMichele

A post shared by Gucci (@gucci) on

TAGS