公式も悪ノリ 『グランド・セフト・オートV』を実写でやってみた

世界中のプレイヤーが熱狂するクライムアクション・ゲームシリーズ『グランド・セフト・オート』。実在する都市をモデルにした架空都市を舞台に、白昼堂々殺人を犯したり、車を盗難して走り回るなどの犯罪を中心にしたヤバい内容、また架空もしくは実在する部隊・人物などが登場するなどの特徴がウケて大人気を博すシリーズだ。アメリカやイギリスなどではビデオゲーム史上最高のセールスを記録、日本でもCERO Z(18歳のみ対象)指定のソフトとしては最高セールスを誇るヒット作である。

YouTube

そんなシリーズから2013年に発売された第5作目『グランド・セフト・オート V』(以下GTA V)が、現在思わぬ形で話題となっている。同作の冒頭、主人公のフランクリンとその親友ラマーによる掛け合いのシーンをパロディにする人が続出し、ファンがネット上で盛り上がっているのだ。

if it wasn’t for that yee yee ass haircut of yours, you’d already have a job right now.(お前、そんな髪型してるから仕事が見つからないんだよ!)

ラマーがフランクリンをイジる同場面とその印象的なセリフは発売から何年経ってもユーザーにとって面白ネタであり続けているらしい。パロディには、同場面で使われるスラング“yee yee ass(最悪、ダサい)”という表現をフックに、ゲームオリジナルの台詞をセサミ・ストリートのカエルのキャラクター、カーミットの声を当てているものもあれば、ラマー役がトランプ前大統領や機関車トーマスに代わっているもの、さらには『龍が如く』のキャラクター桐生一馬がなぜかカラオケでフランクリンを叩きのめすものなど、よりシュールなアプローチをとっているものもある。

そんな中、公式チャンネルである『PlayStation Haven』もこのパロディブームにまさかの参戦。『GTA5』内でフランクリンとラマーを演じた声優のショーン・フォンテーノとスリンク・ジョンソンが出演し、ゲームの中の場面をリアルに再現した動画をアップしたのだ。ご本人たちによるセリフ回しはもちろん、ロケーションやカメラワークまでゲームそのままの世界が見事に再現されると、ゲームファンは大興奮。ブーム最大のバズを起こしている。

さすがはビデオゲーム史上最高セールス作品! 発売後7年以上経っても不変の人気作品ということを証明しているようだ。

TAGS