豪華ゲスト陣が参戦 “世界最強ヴァーチャルバンド” Gorillazのカッコいいプロジェクト

世界で最も成功しているヴァーチャルバンド、ゴリラズが今年遂に動き出した。

Gorillaz/YouTube

年初に新たなプロジェクト“ソング・マシーン”をスタートさせると、現実空間からアーティストを迎え、コラボレーションを展開している。そして先ごろコラボ第8弾として、ベックをフィーチャーした新曲「The Valley of the Pagans」を発表。オンラインビデオゲーム『グランド・セフト・オート(GTO)』を彷彿とさせるトレイラーも公開された。

楽曲はゴリラズらしいファンキーなグルーブのミッドテンポ、リッチなシンセサイザー、キャッチーなギターリフ、歯切れの良いドラムなど、ゴリラズ独特のサウンドが楽しめる。ビデオは、ヌードル、2D、マードック、そしてラッセルの4人がPaganと名付けられたローライダーに乗り、ロサンゼルスの街をドライブするというもの。CGで作られた不吉な裏の街に乗り込んでいくワクワク、そしてゾクゾクする楽しい内容になっている。

Gorillaz/YouTube

なおゴリラズは前作の『NOW NOW』から約2年ぶりとなる待望の新作スタジオアルバム『Song Machine, Season One: Strange Timez』をリリースしたばかり。全17曲が収録されており、同曲でコラボしたベックの他にエルトン・ジョン、ロバート・スミス(ザ・キュアー)、ファトゥマタ・ジャワラ、オクタヴィアン等々、様々なサウンドやジャンル、スタイルから豪華アーティストがラインナップしている。

TAGS