悪魔のチキン屋、ドラマ史上最高レベルの悪役 『ブレイキング・バッド』“ガス”とは何者か?

2008年から2013年に渡り計5シーズンが放送され、今なおカルト的人気を誇る海外ドラマ『ブレイキング・バッド』。このドラマでマフィアのボス、グスタボ・“ガス”・フリング役を演じたジャンカルロ・エスポジートが、ガスという人物について自身の見解を明かした。

ガスは『ブレイキング・バッド』の中で、最初はフライドチキンチェーンなどを手広く経営するやり手経営者として登場するが、実はアメリカ南西部のドラッグ流通を牛耳るマフィアのボスという設定。主人公ウォルター・ホワイトと取引しウォルターが作るメスを扱うようになるが、その後2人の関係は……とそこら辺はドラマを見ていただくとして、相当な切れ者であると同時に腹の底の読めない冷酷さと、演じるエスポジートの完璧な演技で強烈な印象を残すキャラの1人だ。

そんなガスについてエスポジートは、「政治的な忠誠心がある男」と捉えているそう。「彼は軍隊にいて、その中で観察力を身につけたんだと思う。人に命令を下す人間は、自分も人の命令に従うことができなければいけない。僕の考えでは彼は軍隊の上層部にいて、国家を動かすほどの地位にいたんじゃないかと思っている。でも自分自身の力を知るために、違う道を選んだんじゃないかな。そして選んだのがあの人生だったんだ」と話す。

どれもエスポジートの頭の中での想像とのことだが、非常に興味深い考察だ。ちなみにガスは設定ではチリ出身で、チリからメキシコに移住し、その後アメリカに渡ったとされている。

Breaking Bad & Better Call Saul/YouTube

『ブレイキング・バッド』のユニバースは広がっており、ガスも登場するスピンオフドラマ『ベター・コール・ソウル』が配信中。こちらはファイナルシーズンとなるシーズン6が2021年にNetflixにて配信予定となっている。プロデューサーのヴィンス・ギリガンは以前、『ベター・コール・ソウル』の後は、『ブレイキング・バッド』にまつわる新たなスピンオフは考えていないと語っている。

現在、エスポジートは「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』では帝国軍の残党の指揮を執りザ・チャイルドを狙うモフ・ギデオンを演じ全世界のファンを大興奮させている。

©︎2020 Lucasfilm Ltd.
TAGS