辰吉丈一郎は、なぜ“史上最高の天才”と言われるのか?

A-SIGN.BOXING.COMが運営するYouTubeチャンネルで「日本ボクシング界史上最高の天才 辰吉丈一郎を語る」が公開され、元日本ライト級王者の石井一太郎、元日本バンタム級王者の赤穂亮、元日本ミドル級王者の胡朋宏の3人が“浪速のジョー”こと辰吉の強さについて語り合った。

石井は「かわす選手」に天才のイメージがあるとして、「ブロッキングとかじゃなくて、全部かわしてアッパーを打ち込んだりとか、そういう自分勝手なボクシングをする人」と、辰吉を天才型のボクサーと定義。「だって辰吉さんも、ヘッドスリップで全部、ガードも上げない」と解説した。

A-SIGN.BOXING.COM/YouTube

相手のパンチを回避したあと、上にパンチを散らさずにおもむろに強烈なボディを入れる戦法を辰吉が得意とすることについて、赤穂が「普通は打たないじゃん?」と指摘すると、石井は相手を倒すための定石を無視した「過程のない選手」だと説明。

試合運びについて、赤穂が「やっぱりいま観てもすごく面白くない? 滅茶苦茶面白いよ」と絶賛すると、胡は「『作ってきたボクシング』じゃなくて、そのときの反応でやっているから。なにが飛んでくるかとか想像できない」と、想定を超える辰吉の戦い方が人気の要因だと分析。赤穂は「ジェットコースターのようなボクシング」と表現して「観てるお客さんの8割ぐらいはボクシングを知らない人なわけじゃないですか。2割は知っている人とかやっている人。ほとんどのお客さんはボクシングをやってないから、こういう試合のほうが面白いよね。身内はドキドキすると思うけど、あのボクシングは面白いと思う。魅せるボクシング」と、熱く語った。

ちなみに、3人とも過去の辰吉のミット打ち動画を観たことがあるそうで、口々に「あんなのできない」「速い」「天才」と、手放しで絶賛していた。

YouTube

TAGS